コメンテータ
ランキング
HELP

アブサンさんのコメント: 投票数順

★4ドラゴン・キングダム(2008/米)この二人の競演なのだから最高のシーンを、という気概が大変よろしい。 [review][投票(6)]
★3ジョーカー(2019/米)希望が足りない。 [review][投票(4)]
★5シューテム・アップ(2007/米)スジを通し続ける映画。ブレはない。馬鹿だけど。 [review][投票(4)]
★4ザ・レイド(2011/インドネシア)最強の狂犬を引き立たせる普通の男、アンディ [review][投票(4)]
★4The Guilty/ギルティ(2018/デンマーク)通報指令室というほぼ一つの空間で、ほぼ一人芝居。舞台が限られるなか大部屋から小部屋へ移動し、さらにブラインドを下ろし照明も赤色のランプになる。画変わりを工夫すると同時にその変化が主人公の心情を表現する。序盤の主人公のイヤな奴っぷりも含め、めちゃくちゃ上手い。 [review][投票(3)]
★2ジョン・ウィック(2014/米=カナダ=中国)主人公ジョン・ウィックの描き方をほぼ全編に渡って間違えている。「キアヌ強すぎ」「殺しすぎ」「犬を殺された恨みでマフィアを潰す」という評判が嘘のような迷走ぶり。ガソリンスタンドでメンチきってた辺りがピークだった。 [review][投票(3)]
★2KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016/米)あまりに退屈な展開に公開時の評判は一体なんだったのだろうとビビる。このスタジオ、『コラライン』も『パラノーマン』もそうだったがその圧倒的な技術には目を見張るものがあるけど、話自体はやたら冗長でオープニング以上のクライマックスがないんだよなあ [review][投票(3)]
★3おおかみこどもの雨と雪(2012/日)自分の生活を捨てて夫や子供に尽くしたところで結局は常に孤独な母親がようやく自らのために溜息をつく、その一瞬を描く映画。[投票(3)]
★4うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984/日)水たまりに映る登校風景やそれに続く風鈴のシーンに静かに悶絶する。ここにいちゃいけないような、帰らなきゃいけないようなこの感覚はなんなんだろう。そんな景色なのに懐かしいのは何故なんだろう。[投票(3)]
★5アバター(2009/米)この映画を見て思い出したこととか (追記しました) [review][投票(3)]
★4アンブレイカブル(2000/米)片想いのラブレター。 [review][投票(3)]
★5八仙飯店之人肉饅頭(1992/香港)見直して気づかされる、理知的な構成。 [review][投票(2)]
★2クワイエット・プレイス(2018/米)音を立てれば即襲われる危険な環境で、4歳の息子を一番後ろにして縦一列で歩く(弟の面倒を見る役が耳の聞こえない姉で、その姉すら弟を放置してる)という馬鹿な出だしでもう諦めた。「状況」が何より大事な映画なのにそこが一番軽んじられている。 [review][投票(2)]
★3アメイジング・スパイダーマン(2012/米)なんかこのスパイダーマン、あんま応援したくならないんだよね… [review][投票(2)]
★5SPIRIT(2006/香港=米)闘いを通して人の心を描く。これぞカンフー映画。いい作品でした。 [review][投票(2)]
★5ロード・オブ・ザ・リング(2001/米=ニュージーランド)柔らかな日差しが唇をなで、透き通った空気が鼻の奥に沁みる。内容もキャラクターも素晴らしかったが、それ以上にこの世界で呼吸をしたことが忘れられない。[投票(2)]
★4インセプション(2010/米)悩みまくるデカプーもいいけど、それと同時に繰り広げられるアクションが素晴らしい。 観客を釘付けにするアイディアが目白押し。 [review][投票(2)]
★3バンク・ジョブ(2008/英)ラストシーンは神がジェイソンステイサムに与えたもうた奇蹟。似合いすぎだろ!! [review][投票(2)]
★4バロン(1988/英=独)大砲の弾に乗って戦場を行ったり来たりするバロンの姿を見てたら涙が溢れてきた。いいファンタジーは「その世界が存在する」ということだけで感動できる。[投票(2)]
★4ワイルド・スピード ICE BREAK(2017/米)シリーズに特に思い入れのない身としては今作が一番興奮できた。ただブンブンと空騒ぎするだけではない練り込まれたアクションで、さらに派手な画面とストーリーがちゃんとシンクロしていて驚く。氷上を突き進む魚雷と車で併走し、素手で軌道を変えるドウェイン・ジョンソンが最高。 [review][投票(1)]