コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] シューテム・アップ(2007/米)

スジを通し続ける映画。ブレはない。馬鹿だけど。
アブサン

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







主人公は、銃と銃社会を憎みながらも銃の扱いが天才的で、それしか才能がないという悲しい人間だ。だから彼はどんな状況でも、出産を手伝うときでも交通違反を注意するときでも、たとえ銃をトイレに落っことしたときでも洗って乾かして銃を撃ち続けるのだ。

そんな彼が、最後の戦いですべての指を折られ、銃のスキルを封じられてしまった絶体絶命のピンチにどう立ち向かうか。

銃弾を持った手を炎に突っ込み、己自身の肉体を銃にするのである。

ものすごく馬鹿な必殺技だし馬鹿な主人公なのだが、馬鹿な映画だからこそブレずに最後までこだわり、スジを通し切ることが大事だ。だから馬鹿な映画でありながら、感動するほどかっこいいのだ。最後に銃以外の方法で工夫して敵を倒しては、彼を主人公として描いてきた映画が台無しなのである。

チビデブインテリ悪人でありながら家族思いの敵も、最後まで家族への優しい顔は崩さないで死ぬ。真面目にバカをやるお手本だ。メインがしっかりしていると細部も輝きだす。Tバックのコスプレシスターよかったなあ。最後の必殺技が『続・荒野の用心棒』の捨て身の十字架撃ちっぽいのもまたいいなあ。

制作者は他のアクションでも常に知恵を絞っていて、オープニングの銃撃戦でドラム缶を撃った時は安直に爆発させるのかと思いきや、漏れた油の上をツルルーと滑っていく予想外の展開で、これを見た瞬間にもう信頼できる映画だなとわかった。かっちょいいロングコートに身を包みながらも、そのコートを汚すことを厭わないという宣言だ。

それ以降も、逆に真剣に考えないと思いつけないような馬鹿馬鹿しいアイデアが目白押しで監督は本当によくわかっている。駅弁セックスしながらの銃撃戦でも面白真顔を一切崩さないクライヴ・オーウェンも、大変えらい。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (4 人)ゑぎ[*] DSCH[*] けにろん[*] たろ[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。