コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ジョン・ウィック(2014/米=カナダ=中国)

主人公ジョン・ウィックの描き方をほぼ全編に渡って間違えている。「キアヌ強すぎ」「殺しすぎ」「犬を殺された恨みでマフィアを潰す」という評判が嘘のような迷走ぶり。ガソリンスタンドでメンチきってた辺りがピークだった。
アブサン

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







ウィックが泊まっている部屋に女殺し屋が侵入してきたのに一切気づかない(なんでだ)場面、わざわざ敵の居場所を聞き出したのに作戦もなく突撃して(なんでだ)逆に捕まって処刑されかける場面と、ウィックの絶体絶命の場面が2回ある。(オープニングでチンピラに叩きのめされて気絶もしてるが)

このしょーもないピンチが、両方とも敵に雇われた友人(デフォー)が勝手に寝返ってくれたおかげで偶然助けてもらえる展開なのだ。これって「最強の殺し屋キャラ」として、どうなんすか。僕は呆れてものが言えませんでした。

アクション映画の良さって、主人公の積極的な行動が困難を打破すること、それが爽快感あるアクションで描かれることでしょう。敵のボスがジョン・ウィックのことをバーバヤーガだブギーマンだと大げさにビビッてたけど、こいつ一人きりじゃピンチから脱出できないんですよ。だったらデフォーを仲間として登場させればよかったのに、彼の人となりは何も描かれないからそのポジションですらなくて、ただの都合のいいマジックアイテム扱いでしかない。そんなものに助けられないと話が進まない主役って、もうその時点でアクション映画として100%間違ってる。大体、こいつの特技って奇襲してザコ相手に無双するくらいじゃんか。

殺し屋たちが利用する殺し厳禁のホテルという面白くなりそうな設定も、すぐ掟を破る女殺し屋があらわれるので台無し。それじゃ普通のホテルを利用してるのと変わんなくて、要はこの設定、警察の介入等ストーリー上の面倒な手続きを省きたいという制作者の都合のためにしか機能していないのである。仮にも最強の殺し屋であるウィックのピンチを勝手に他人が解決してくれるのもそうで、制作者が自分で考えた設定と状況を真面目に解決する気がないのだ。

その後の展開では女殺し屋が絡みつつデフォーの話に移るのだが、この映画は売りである「犬を殺された恨みでジョン・ウィックがマフィアを壊滅させる」というあらすじすら守れていない。核であるウィックの復讐心ではなく、「大して意味のないルールを破ったことだけが特徴の脇役の女」と「頼まれたわけでもないのに毎回助けてくれる便利なやつ」にストーリーを頼らないといけないのだから、相当迷走している。

ウィックから女の監視をまかされた隣の部屋の殺し屋はすぐ殺されるし、バカと間抜けしか出てなくて殺し屋のデフレもひどい。相対的にウィックの最強という肩書きもどんどん地に落ちていく。何もしてない序盤が一番強そうだったよ、コイツ。

さらに女殺し屋はホテルの掟を破ってまで仕事を請け負って結局それすらも失敗したのに、何故か敵チームで偉そうにドヤ顔してるのも意味がわからない。制作者は数分前の展開すら覚えていないのか。その後、ルールを破った罰で呼び出されたことに気づかないで無抵抗のまま制裁されるのだから、この女は本当にただのバカである。そんなバカがウィックを追い詰める存在として登場すること自体、どれほど作品の魅力を削ぐかわからないのだろうか。

ちなみにその制裁のシーンは組織の連中が円陣で女を銃殺してたけど、それじゃ全員相打ちになるだろ。どこまで馬鹿なんだこの映画の殺し屋たちは。デニーロも『RONIN』で殺し屋気取りのショーン・ビーンを叱ってただろ。「スタントマンが作った、工夫を凝らしたアクション映画」をウリにしていたはずだが、なんだこの体たらくは。

ラスト、自分の命を二度も救ってくれたウィレム・デフォーに危険が及んでいることなど考えも及ばず、敵が報告してくれたおかげでようやくウィックの怒りが爆発、という展開もひどい。チンピラに侵入されるわ、車をパクられて子犬も殺されるわ、ピンチは毎回友達が助けてくれるわ、しかもその友達が殺されたことを敵に電話で教えてもらうわの最強の殺し屋って、いったい何なんだ。「ジョン・ウィック」というタイトルでありながら、この映画の登場人物で一番の間抜けはジョン・ウィックである。スタッフも含めれば監督と脚本家がぶっちぎりで馬鹿だ。「アクション映画にストーリーはいらない」などと寝言をいう人がいるが、そんなわけあるか。

あと正直、キアヌのアクションがイマイチなのは痛い。歩き姿からしてもう運動神経が悪そうだ。せっかくの長回しなのに動作が連続してなくて、練習どおりの動きを必死でこなす間スタントの皆さんが待ってる感じなので、見ていて残念な気持ちになる。この「使えないデクノボー感」は、たしかに最強の殺し屋ではなく劇中の間抜けなジョン・ウィック像にぴったりと言えばそうなのだが。

結局、作り手にアクション映画を撮る能力がなさ過ぎたのだと思う。ジョン・ウィックの敵は子犬を殺したチンピラなのか女殺し屋なのかボスなのかくらいしっかり決めとけ。

(評価:★2)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)DSCH[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。