コメンテータ
ランキング
HELP

NOMさんの人気コメント: 更新順(1/4)

人気コメント投票者
★4サブウェイ・パニック(1974/米)ストーリーが進むにつれ、とぼけたウォルター・マッソーの顔が、頼り甲斐のある顔に見えてくるから不思議だ。ロバート・ショウのダンディーさは、とても凶悪犯人とは思えない。これらのギャップが観る者を惹きつける。けにろん, Orpheus, ゑぎ[投票(3)]
★5ダイ・ハード(1988/米)監督、脚本、出演者の陰に隠れてはいるが、ヤン・デ・ボンのカメラワークは、他の娯楽作品とは一線を画す質の高い緊張感と、ある種の品をもたらしている。けにろん[投票(1)]
★5家族ゲーム(1983/日)ラストは溜まっていたものが爆発するかのような大爆笑。 [review]KEI[投票(1)]
★4春との旅(2009/日)過剰な演技が心地良い作品。けにろん[投票(1)]
★4ウエストワールド(1973/米)丁寧な作りの今でも十分鑑賞に堪える、古くても新しい、よくできたSFアクションである。それにしても、人間のテーマパーク好きが今に始まった事じゃないのがよく分かる。りかちゅ[投票(1)]
★2ジャンパー(2008/米)(レンタル)それ(コロシアム)ほ(スフィンクスの頭の上)どお(アラスカ)もし(銀行の金庫の中)ろくな(丸ノ内線連絡通路)かっ(ピラミッド)た(レンタル返却)ぞ!IN4MATION, けにろん[投票(2)]
★3ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(2008/米)ジェット・リー出演作品のつまらなさはCGの使用量に比例することにそろそろ気がつけよ。カルヤ[投票(1)]
★5ブロークン・フラワーズ(2005/米)ジャンル分けをするとすれば「ジャームッシュ映画」。肩の位置が1インチ位下がる心地よさ。隣人作成CDの音楽も妙に染みる。りかちゅ, アメリ・プーラン[投票(2)]
★2π〈パイ〉(1998/米)ある数列をマクガフィンに据え、数字に取り憑かれ、薬物に頼りつつ、自分を取り巻く世界を拒絶し苦悩する青年。そこに迫り来る・・・ [review]ヒエロ, 大魔人[投票(2)]
★4ハッシュ!(2001/日)何となく敬遠してきたゲイムービーだが、出演者の演技にも支えられ、実に爽やかな後味だった。やっと『ブロークバック』を観る気になったぞ。TM(H19.1加入), 直人[投票(2)]
★5トイ・ストーリー(1995/米)トム・ハンクス & ティム・アレンもいいけれど、所&唐沢も楽しめます。子供が小さな時は吹き替えで、大きくなってからからは字幕で観ました。親子コミュニケーション映画に最適。りかちゅ[投票(1)]
★2大日本人(2007/日)松本の笑いのセンスは認めるが、これ以上の作品を撮れるクリエーターはいくらでもいるはず。金と名声に任せて話題性を求め、この程度の作品を公にするのは極めて不愉快。 [review]RED DANCER, アメリ・プーラン[投票(2)]
★4Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(2007/英=仏=独=米)ローワン・アトキンソンってきっと背中に『ビーン』ON/OFFの切換スイッチが着いているんだろうな。青山実花, りかちゅ[投票(2)]
★3トレマーズ3(2001/米)トレマーズ』の正しい鑑賞法。その1、グラボイドは絶対に存在すると信じる。その2、グラボイドの形が少々変わっていても目の錯覚だと思う。その3、有名俳優が出ていなくても気にしない。その4、自分だったらこうする、を常時頭において観る。バートの武器を研究する。これが出来ればシリーズ全て4点だ。と言いつつ3点を付ける。赤い戦車, uyo[投票(2)]
★2ミッドナイト イーグル(2007/日)未読でなんだが、原作に忠実であるとすれば、原作選びを誤ったか、作者が嫌になる位に脚本で練り回すことを怠ったとしか思えない。こんな穴だらけの原作を読んでみたくなる気は起こらないし、こんなやる気の感じない映画はもういい。 [review]すやすや[投票(1)]
★4バタフライ・エフェクト(2004/米)「バタフライエフェクト」と言うよりも「禍福は糾える縄の如し」だが、題名がこれじゃ誰も観ないか?上手い題名だが、カオス理論まで持ち出すなら・・・ [review]もりっしー[投票(1)]
★3ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008/日)二十歳過ぎると急激に無くなるアホで固めた明るさが爽快。ひょっとしたら実際にいるかもしれないこんな駐在さんに拍手。直人, セント, ぽんしゅう[投票(3)]
★4父の祈りを(1993/米)万人に平等に与えられている筈の時間だが、 [review]ダリア[投票(1)]
★3包帯クラブ(2007/日)小説読書後、映画鑑賞、あるいは、観賞後、読書のどちらでも楽しめるジュブナイル作品になっていたことに好感を感じた。柳楽優弥も変な風に進化(?)していなくてほっとした。 [review]水那岐[投票(1)]
★3夕凪の街 桜の国(2007/日)原作からの引用と思われる極めて強いメッセージ性を有した台詞に時折出会うものの、映画的ぬるま湯に浸けてふやけさせてしまった感じは否めない。麻生(太郎じゃないよ)の出来が良いのがかえって気の毒。ナム太郎[投票(1)]