コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 昼顔(2017/日)

最初に斎藤工上戸彩が会話をする場面。川面の斉藤に声をかけるのかと思いきや、徐に石を拾い始める上戸。石を投げるんだなと予想するがそれも取りやめ、こちらへ振り向くまで待ち続ける。あくまでも視線に拘る西谷弘の真骨頂。
赤い戦車

数回の切り返し(お互いのしゃがむ動作を取り入れているのが良い)の後に視線が繋がれ、横から2人を捉えたロング気味のショットになるのだが、この画での2人の距離の近さに驚く。本シーケンス内で2人の位置関係が明示されたのはこのショットが初めてであり、また、講義場やバスでのすれ違いなどで演出されてきた「距離」がここで急激に縮まっているからだ。周到に用意された2人の「再会」を強く印象付けるショットなわけで、この辺の手腕の巧みさには唸る。

続く会話においても、2人が向き合わないことからイマジナリーラインを飛び越えたように見える切り返しが生じたりしており、こうした視線をサスペンスとして演出する感性が序盤を面白くしている。

中盤は図式的な厭らしさが目立ち(不倫に対する町の人たちの態度など)失速しかけるが、ラスト近くで上戸彩が踏切に躓いてから突如として歩行困難者になる演出の剛腕ぶりが頼もしい。躓く動作の反復、蛍の光と信号機の光との結び付け、よろめく足の描写。

ラストに関しては、商業的な妥協の産物で蛇足だと言われれば確かにそうかもしれない。だが、あの子供たちが誰かの末裔であるとか余計な説明を一切挟まず(しかもサイレントで処理している)、風貌が似ているだけに留めて、あの指輪にショット内での意味を持たさない。だからこそ、冒頭から明示されてきた「手」の主題が結実する最後の画には感動する。オリヴェイラゴダールに向かって語った「説明不在の光を浴びる壮麗な徴たちの飽和」という言葉を思い出す。

相変わらずカーテンや引き戸、鏡面の使用が目立つ。開閉を操作可能な空間的な仕切りへの意識の高さ。西谷弘はよく映画というものを研究していると思う。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)ゑぎ[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。