コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ソーシャル・ネットワーク(2010/米)

ネットに巣食う人間の一人として、私も数々のサイトを利用し、活用してはいるが、 いつも心のどこかで、場所を借りてる感をぬぐえずにいる。
青山実花

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







なので、「フェイスブック」に限らず、様々なサイトを最初に立ち上げた、あちら側の人々に興味を持ってきたが、やはり、成功するまでには様々な物語があるものだなと思った。

それほどの思い入れもなく立ち上げた「フェイスブック」というサイトが、あれよあれよという間に、一人歩きを始め、雪だるま式に大きくなっていった、そんな印象を受けたし、成功物語には、多かれ少なかれ、そういった部分があるのかな、とも感じた。(イギリス人が、「アメリカにもフェイスブックはあるのかね」と言ったセリフが可笑しい)。

それから私には、サイトの成功よりも、マーク・ザッカーバーグとエドゥアルド・サベリンの友情の行方が、物凄く気になった。サベリンは、とても利口だし繊細な人間だ。 恋人に詰め寄られて、パニックになってしまう気弱な部分もある。ザッカーバーグは、もっとサベリンを大事にしなきゃ、って。

キャメロン・ウィンクルヴォスとタイラー・ウィンクルヴォスの双子が、アーミー・ハマーの一人二役というのも、後から知って驚き。全くそんな風には感じられず、本当に双子なのだと思っていたから。

全体的に畳み掛けるようなセリフが凄く、ボンヤリとはしていられない感じだが、 ハーバード大学の学生たちの雰囲気が楽しめたのも良かった。やはり彼らのエリート意識って、相当に高いものがあるのね。でもそれが鼻につくわけではない。努力してるんだから、当然だしね。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)ハム[*] Keita[*] Osuone.B.Gloss[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。