コメンテータ
ランキング
HELP

pinkmoonさんのコメント: 更新順

★5ダンケルク(2017/英=米=仏)正しい人間の一つ一つの正確な「行動」を描く。 ノーランの映画は「理系」である。 計算された「視線」と「音」が一定のリズムで積算されていく。 その積み上げが重厚な感動となってこの上なく心地い。 天才の映画。 [review][投票(2)]
★3エイリアン:コヴェナント(2017/米=英)女性が強い映画という点のみ変わらず引き継がれていく [review][投票]
★3三度目の殺人(2017/日)批判を恐れずに言おう。 是枝監督は自ら進化することを放棄したのではないか。 [review][投票(3)]
★4メッセージ(2016/米)秩序をもたらす贈り物は、彼女の深い悲しみを超えて人類の希望に繋がる [review][投票(3)]
★4午後8時の訪問者(2016/ベルギー=仏)後悔に対する向き合い方を、見る者に問いかけ同調を求める。もはや言葉も不要。 [review][投票(2)]
★4マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016/米)静かにゆっくりと春が訪れるような優しい再生の物語。バイ・ザ・シーである。 [review][投票(4)]
★4ラ・ラ・ランド(2016/米)タモリばりにミュージカル拒絶症ですが・・これはいけました。 [review][投票]
★4クーリンチェ少年殺人事件(1991/台湾)4時間の超濃厚映画体験。長いのではなく濃くて深いのだ。 [review][投票(3)]
★3沈黙 -サイレンス-(2016/米)敬愛するマーティン・スコセッシの執念の一作は不幸なものになった [review][投票(2)]
★5この世界の片隅に(2016/日)人間であることの嬉しさをこんなに感じた映画はない [review][投票(5)]
★4君の名は。(2016/日)「なんで俺泣いてるんだ・・」こっちのセリフだよ [review][投票(6)]
★4恋人たち(2015/日)映画は文句なしに面白い。だが、ドキュメントタッチで映画的演出をおこなった結果、リアルさより気持ち悪さや不気味さが浮き出ていないか。 [review][投票(2)]
★4フォックスキャッチャー(2014/米)弱者が弱者を巻き込んだ結果の不幸な物語。いつも犠牲になるのは正常な人々。と映画は語っているが・・ [review][投票]
★3リトル・ダンサー(2000/英)やっと見れた。。感動秘話だし事実私も涙した。 でもちょっと評価高過ぎない? [review][投票]
★3幕が上がる(2015/日)優秀な「アイドル映画」。「青春映画」の名作に成り得る要素は用意されていたのだが・・ [review][投票(3)]
★4アメリカン・スナイパー(2014/米)悩めるアメリカ [review][投票]
★5ゴーン・ガール(2014/米)最高の後味の悪さとリアリティ。ロザムンド・パイクの凄み。文句なしに面白い! [review][投票(4)]
★4インターステラー(2014/米)極めて東洋思想的なアプローチと、圧倒的な構成で観る者を圧倒する。 [review][投票(1)]
★5悪人(2010/日)誰にでもある人生のうねり。ほんの少し歯車が噛み合って好転することも取り返しがつかなくなることも、皆分かって牽制し合って生きている。そこから生まれた悲劇を等身大に描いた秀作。昨今最も日本映画らしい一本。[投票(1)]
★5アメリカン・ビューティー(1999/米)サム・メンデスのプレゼンテーション。人生は壮大な悲劇であり一瞬の喜劇だと。どんなに取り繕ってもあがいても変えることはできない。本当は美しいことが周りに一杯ありそれにどれだけ気付いて生きれるか。国も生い立ちも違うがとても共感できる。[投票]