コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] イット・フォローズ(2014/米)

子どもの頃、廊下の隅や電灯の付いていない部屋、鏡の奥が怖かった。多くの子どもが感じるだろうこの漠然とした、まだ何とも説明出来ないが、そこに在ることだけはわかる、死や闇に対する原初的で潜在的な恐怖。ナニとも説明されない「アレ」の象徴性の器を介して、これが呼び覚まされた。笑って観るつもりだったのに思いのほか怖くて狼狽した。トイレ怖くて行けない、、、
DSCH

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







360°のカメラは、死による包囲、偏在を象徴しており、サスペンス感醸成だけでなく論旨に適っていて怖い。これを白昼堂々やるのもよい。死は、手を替え品を替え、いつでも、どこからでも近づいてくる。(おばあちゃん怖い。ダチの後ろから一緒に部屋に入ってくる大男、あのヌルッとしたリズムが怖い怖い!)。

謎、というか違和感やズレがかなり仕込まれているが、ほとんど感覚値だけれど、この監督が仕込むズレは小手先ではなく、天性の美意識によるもののような気がする。照明、音楽、カメラ、音響、あらゆる「ヘン」の統制がメチャ素晴らしい。プールに広がる血のリズム。海岸の、明るいのに不安にさせる陽光。「美意識」がない者には到底作れないシーン。切に伸びて欲しい監督。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)おーい粗茶[*] 四面馬鹿

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。