コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 渇き。(2014/日)

ミステリーのようでコメディのようでバイオレンスのようで、そういうつもりで見てると肩透かしをくらう掴み所のない映画。
deenity

ちょっとどういうことかよくわからない映画。 役所広司が武骨に暴れまくってる映画。 小松菜奈がたいしてセリフもないのに圧倒的に魅力を放って見える映画。 妻夫木聡がチュッパチャプスを舐めてるのがやたらと頭に残る映画。 オダギリジョーが大物感満載で現れたら何故か足元だけスニーカーで登場する映画。 いろいろどこかのネジが外れてる。

内容云々に関してははっきり言ってよくわからない。だってキャラクターの背景がほとんど描かれないのだから。役所広司の異常なまでの執着心も小松菜奈の掴み所のない心の所以も、妻夫木くんもオダジョーもみんな、何が背景にあってどうしたいのか見えてこない。だからやっぱりよくわからない。

ただとりあえず言えるのは、個々の演技だけは役者陣が奮闘していて、妙に頭に残るキャラクターが多かったのは役者としての腕を遺憾なく発揮したからだろう。 殊に小松菜奈に関しては本作が長編映画デビュー作らしいが、一切そんな空気を感じさせることなく、むしろ『ヒミズ』の二階堂ふみなんかを彷彿とさせるほどの安心感すらあった。キャラクターとして天使のような小悪魔のような役柄だから魅力的に見えるのは当たり前かもしれないが、今まで思ったこともなかったのに思わず虜になってしまいそうな雰囲気を醸し出していた。セリフこそ少ないが、今後大物になっていくのかもしれない。

役所広司に関してはワイルドと言えば聞こえがいいが、だらしないけどタフネスな父親役を演じる。ボッコボコにされながらも娘を探す執着こそ不明確だったが、そこは脚本の話であって、彼単体で見たら粗暴な役をうまく演じていたように感じる。

あとは編集に趣向を凝らしていた点はよかった。細かいカット割と画像編集を施した画面は結構残酷なシーンをコメディチックに、エロいシーンをポップに見せていて、万人に見やすいような作りにはなっていた。 然れども、ではなぜもっとキャラクター背景やらメッセージやらを明確にしておかなかったのかと悔やまれる点も多いと感じた。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。