コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] クリーピー 偽りの隣人(2016/日)

香川照之が自分の演技の幅をまざまざと見せつけた作品。始終不穏な空気感が流れ、完全にヤバ人なサイコパス、それを引き立てれない致命的な脚本ミス。
deenity

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







好評も聞いてましたしCMなどでも香川照之のサイコパス的な雰囲気が面白そうだったので興味があった本作。「香川照之のサイコパスとか確実に面白い演技を期待できるでしょ」「この人お父さんじゃなくて全然知らない人、とかヤバいやん」って思いで劇場に足を運ぶか悩んだんですが、これは行かなくてよかった作品だったな。何となく直感でやめたんですよね。それが見事予感的中。ハマった人も多いようなので少数派だとは思うのですが、個人的には完全にハマりませんでした。

それもそのはず。というか自分の相性の問題なんですけど、本作を手掛けた黒沢清監督の作品、苦手なんですよね〜。『岸辺の旅』とかも見たんですけど、てんで理解できなくて。行かなかったのはそれを感じ取ったのかもしれないな、とか何とか思ったりもしました。

まあそれでも予想通り香川照之のサイコパスはよかったですね。完全にイッちゃってましたし。特に前半の絶妙に会話の噛み合わないミスマッチな感じ、もはや笑えるレベルでキャラクターの異常さは際立ってました。 それに比べて西島さんとか東出くんは渋くて雰囲気大好きなんですけどいつ見ても同じ演技な気がしてちょっと興ざめでした。

ただ何より文句を言いたいのは本作の謎さ。ツッコミ所が多すぎる。これは自分が理解できてないだけなんですかね。全くしっくり来ないんですよ。 高倉がとても優秀な犯罪心理学者には見えないほどダメ野郎だとか、西野が自分の手は汚さないという割にあっさり殺したシーンもあったりとか、娘は何故従うのかとか。本当にキリがない。あの薬は何?あの部屋だけ何であんな浮いてんの?車のシーンは何故その撮り方?監督に説明してほしい気分です。 これが完全なるマインドコントロールのような力ならまだわかるけど、薬って。反則でしょ。じゃあ娘は薬じゃないのにどういうことなの。そもそもどういう効能の薬? 終盤に行くにつれてどんどんつまらなくなった。竜頭蛇尾とはまさにこのこと。ヤバい隣人のヤバさが徹底的なサイコパスだからこそ怖いんでしょうよ。薬とか部屋とか、なんか冷めてしまった。

前半のキャラクターの見せ方、さらには不安感を煽るような撮影方法。そういえばこの監督は『岸辺の旅』でも見せ方は上手かった気がする。特に、何でもないカットがすごく不気味で「何で顔のアップの背景がはっきり映ってるんだ」「カーテンが動いたり当たり前の近所の様子が何で不気味なんだ」と映像の見せ方が上手いだけに、もったいない作品だったと思います。

(評価:★2)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)おーい粗茶[*] 寒山[*] ぱーこ[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。