コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] カメラを止めるな!(2017/日)

どうかこの作品はDVDじゃなくて、劇場に足を運び、全然知らない観客と一緒に怖がって、熱くなって、笑って、ちょっとホロっとして下さい。これこそが映画なんです。
deenity

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







公開規模が狭い中でどんどん話題になり、ようやくTOHOシネマズでも上映開始。初めてフリーパス券にまで辿り着いた記念すべき1本目です。

予め言っておきますが、ネタバレは一切なしで見に行かれた方がいいです。そして自分のレビューにはネタバレが含まれるのでその点ご了承下さい。

冒頭37分のワンカットゾンビホラー映画でまとめてあります。全く知らない俳優ばかりですが、演技にも熱がこもっていて、ワンカットならではの緊張感とカメラワークのダサかっこよさが絶妙で、音楽もオーソドックスながら迫力があり、結構そこだけで面白かったです。 と言っても正直意味がわからない違和感ポイントは所々にあり、個人的にはそういうところに引っかかるよりも緊張感でその先の方が気になっていたので疑問も特になく済みましたが、気になる人は気になるでしょうね。 ただまああえて言っておきますが、ここは一先ず深いことは気にせず、自主制作的なワンカットゾンビ物という難しいシチュエーション作品だと思って見ていただけると良いと思います。

そしてこの作品を作るに至った経緯に移るわけです。ヒューマンドラマというよりはまるでメイキング。家庭では期待されず、娘にも相手にされない監督。出演者やプロデューサーにも頭が上がらない監督。もう何とも惨めで「一回ガツンと言ってやれ」と何度思ったことか。 気づくとゴリゴリに感情移入してる自分がいるんですよね。この時点でまんまとやられているわけです。

あとはもうコメディー満載です。メイキングでは明らかに冒頭のようにはならないだろ、って展開や冒頭で感じた違和感シーンが次々と伏線を拾いつつ繋がっていきます。 もうね、こんなに劇場で笑ったことは初めてです。あのね、声出して笑えたんですよ。というか、スコーレみたいな小劇場でもないのに観客が声出して笑ってるんですよ。だから自分も気づいたら声出して笑ってて。伏線を回収しつつ、「あ、そこのシーンはそういうことだったのね」って繋がってくるのも実に笑えるし、作品制作までの過程を見せているからこそ監督一家が一つの映画を通して燃えていく姿を応援したくなるし、よく出来てるんです。でもそれ以上にこの作品には何か力がある気がして、一本の映画でこんなにもハラハラドキドキして、笑えて、熱くなって、ちょっとグッと来て…、そんな展開に観客みんなが一つになる。これが映画なんだと、映画は最高のエンターテイメントなんだと、そう実感できる映画でした。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)セント[*] おーい粗茶[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。