コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ボヘミアン・ラプソディ(2018/英=米)

鑑賞後、Queenヘビロテ中(笑)
deenity

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







アーティストの生涯を辿った伝記的作品でこれほどまでに感動させられた映画は初めてだ。音楽伝記映画はいくつかあったけど、図抜けて良作だと思う。何がって言われたらやはりラストのライヴエイドの圧巻のパフォーマンス。これに尽きる。 はっきり言って強引な力技で感動させる構成にはなっているが、それを可能にするのがこのグループの持つ力だろう。 「Queen」

自分は正直ドラマ「プライド」のイメージしかなく、ベストで言えば1曲目の「I Was Born To Love You」から4曲目の「Don't Stop Me Now」までしかまともに知らず、他は一度聴いた程度。 しかし、その程度の情報しかなかった自分が、鑑賞後、どハマりして日本盤ベストをヘビロテして聴いてしまうほど、この作品、このバンドには魅力が溢れていた。

Queenといえばフレディ・マーキュリーは欠かせない。容姿と立ち振る舞いとかは何となく知っていたが、スクリーン上の彼はまさにフレディの生き写しそのものではないかと錯覚させられるほどで、本物のフレディの生涯を本人出演のドキュメンタリー的に見られるような完成度の高い演技だった。 ただ、史実に関して言えば、映画的な盛り上がりのために演出している部分はあるらしい。例えばグループの解散なんてのは現実ではなかったそうだ。しかし、やはり映画ならではの演出上の楽しみでもあるし、チームワークやラストライヴに懸ける思いみたいな部分に違いはなく、最後のライヴシーンへの布石だと考えれば気にならないレベルだと思う。

そして、あのライヴエイドのシーン。実際のライヴを再現しているそうだが、YouTubeでライヴ映像を見たが本当に驚いた。ピアノの上の紙コップまでも忠実に再現されていて、こだわりを感じた。 何よりフレディ。もうはっきり言ってQueenファンでもなかった自分にとってはフレディよりもフレディだった。そして、そのフレディに感動し、熱くなった。泣きそうになった。どうしてあの一番の盛り上がりどころでグッと来てしまうのか。あのライヴに懸ける彼らの思いが本当に響いてきた。 あそこで「Bohemian Rhapsody」を歌うのは反則だろう。「Radio Ga Ga」の歌詞もグループとしての覚悟を感じた。こうも歌詞と彼らの生き様はシンクロするものか。まるで人生がどうなるか知っていて、それに歌をあてはめて作ったかのように。 そしてあの大観衆と一体になって歌う「We Are the Champions」。鳥肌が立った。余韻でそのまま動けなかった。

そのまま入ったエンディングもまたいい。「Don't Stop Me Now」をそこで持ってくるのは反則だってば。「The Show Must Go On」も何て心揺さぶる歌詞なんだ。

孤独の中でも必死に生きて人生を謳歌したフレディ・マーキュリー。そしてその家族でもあったQueen。その魂の叫びは多くの人に響いたに違いない。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)サイモン64[*] てれぐのしす[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。