コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 女王陛下のお気に入り(2018/アイルランド=英=米)

三者三様素晴らしい演技。個性的な演出。おかげで苦手ジャンルだったけど楽しめる作品でした。
deenity

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







オリヴィア・コールマンがアカデミー主演女優賞してようやく見る決心がついた作品。だってこういう宮廷の史実物ってちょっと苦手なんだもん。 ただ本作を手がけたのがヨルゴス・ランティモス監督。実際初ランティモスなので名前くらいしか知らなかったわけですが、どうやら癖のある方みたいですね。単なるリアルな史実というわけではなく、現代的な演出なども取り入れた表現をされているようで少し興味が湧きました。

実際調べると言葉遣いやダンス等でも現代的な演出があったそうですが、それよりも特徴的なレンズが印象に残りました。魚眼レンズで風景を広く映す撮影方法。確かに広くは見えるのだけれども、あの特有の歪んだ感じが宮廷の雰囲気を象徴しているように思えました。

ただ、この作品を語る上ではやはり主演3人の演技は欠かせませんね。オスカー女優のオリヴィア・コールマンはあのわがままで不安定で甘えて突き放して泣いて、やりたい放題の女王をよく表現していたと思います。オーバーアクトではなく、しっかりと機微な演技が随所で光っていたのが受賞するのも納得という感じですね。終盤の弱っていった演技は本当に圧巻の一言です。

そしてレイチェル・ワイズエマ・ストーンのゲスコンビも引けを取らないインパクトがあります。あの逞ましく堂々とした振る舞いの裏に嫉妬の炎をめらめらとこみ上げさせるサラ。どん底から這い上がるためにうまく人を利用し、つけ入り、貪欲にまでのし上がっていくアビゲイル。 特にアビゲイルを演じたエマ・ストーンの役者魂には恐れ入りました。胸は出すは男のあれをあんな表情で処理するは、そういう下の部分だけでなく表情が実にくそゲス野郎の顔してるんですよね。誠に勝手ながらこの女優さんは性格が良くなさそうな顔していると思っていたので、こういう役はハマり役だと思います。

ランティモス監督の作風というのはよくまだ掴めてませんが、結構演出としての面白さも感じられましたし、何より3女優の演技に満足なので苦手なジャンルでも楽しめました。 ただこの監督も性格悪いんでしょうな。ラストのカット。結局振り出しに戻ったかのようなあのシーンで終わるのはあなた、かの意地の悪い性格してますね(いい意味でね笑)。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)けにろん[*] 濡れ鼠

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。