コメンテータ
ランキング
HELP

deenityさんの人気コメント: 更新順(1/5)

人気コメント投票者
★4犬ヶ島(2018/米)ウェス・アンダーソンの洒落た世界観が好きな人は、それがストップモーションで楽しめるならそれだけで満足いくはず。ウェスのこだわりと日本愛に溢れた作品。 [review]ぽんしゅう[投票(1)]
★3レッド・スパロー(2018/米)ジェニファー・ローレンスを見るだけでも価値がある。もちろんナイスなボディではなく演技ですよ、演技(笑) [review]プロキオン14, ゑぎ, けにろん[投票(3)]
★5万引き家族(2018/日)カンヌで評価を受けたからとかではなく、自分が是枝監督に求めていたのはこういう作品で、だからこそそういう作品が評価されたのはとても嬉しい。 [review]サイモン64[投票(1)]
★3スーサイド・スクワッド(2016/米)アカデミーでもメイク・ヘアスタイリング賞を受賞しましたね。ハーレイ・クインが代表格でしょうか。パッと見る分には確かに見て楽しめるんですけどね。 [review]ロープブレーク, プロキオン14[投票(2)]
★4スリー・ビルボード(2017/米=英)たぶん映画が趣味とかでもなくてまだこの手の作品に慣れてない多くの人には本作の良さは理解し難いかもしれない。それでも是非見てほしい。もし少しでも感覚的に優しい気持ちになれたら、たぶんそれが本作において大切なことだと思う。 [review]うたかた, irodori, でん, なつめほか10 名[投票(10)]
★4レディ・プレイヤー1(2018/米)スピルバーグの創作意欲に脱帽。 [review]ゑぎ[投票(1)]
★5アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018/米)これぞ最高の娯楽映画。こんなにワクワクして胸踊る映画はそうないですね。 [review]プロキオン14, セント, ロープブレーク[投票(3)]
★3イット・フォローズ(2014/米)「それ」っていう抽象的でボヤッとしたものが迫ってくるという設定を評価すべき。 [review]クワドラAS[投票(1)]
★5恋人たち(2015/日)橋口監督の空白期間、大変だったと聞いています。そんな中で何を感じ、何を考え、何を伝えたいと思っているか。それを詰め込んだ渾身の力作。 [review]浅草12階の幽霊, pinkmoon, けにろん, ぽんしゅう[投票(4)]
★5リメンバー・ミー(2017/米)これは今年ベスト級、というより生涯アニメ映画のベスト級かもしれない。それくらいこの作品が表現したことをテーマにした作品と出会いたかった。 [review]Pino☆, tomonori, Orpheus, おーい粗茶[投票(4)]
★3海街diary(2015/日)是枝監督への期待との食い違い。 [review]セント[投票(1)]
★4ブラックパンサー(2018/米)気づくとマーベルは最近シンプルに楽しませるだけじゃないからつい期待してしまうようになった。 [review]Orpheus[投票(1)]
★3スイス・アーミー・マン(2016/スウェーデン=米)ダニエル・ラドクリフがまさかの死体役。難しい役だと思うけど笑わされるだけのコメディ作品になっていなかったのはよかった。 [review]サイモン64[投票(1)]
★3シェイプ・オブ・ウォーター(2017/米)表現としてのレベルは高いと思いますがストーリー性としてはイマイチ。大人向けのファンタジーではあるけども、既視感は否めない。 [review]Miyapon02[投票(1)]
★5グレイテスト・ショーマン(2017/米)ミュージカル映画として観客を楽しませるという観点がバーナムの意図と一致した至高の形。 [review]なつめ, ぱーこ[投票(2)]
★4ライフ(2017/米)地球を捨てて他の惑星に移住するとか、はっきり言って無理ですよね。恐怖以外の何物でもない。 [review]クワドラAS[投票(1)]
★3The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ(2017/米)ニコール・キッドマンキルスティン・ダンストエル・ファニング。こんな美女揃いのキャスティングなら期待しちゃうじゃないですか。 [review]ぽんしゅう[投票(1)]
★5メッセージ(2016/米)アカデミー音響で受賞したデニ・ヴィルヌーブ監督手がけるSF作品。このジャンルはどうしても時代と共に風化してしまう印象はあるが、本作はそういう影響をある種受けない普遍的な作品となる可能性を含んだ作品だと感じました。 [review]pinkmoon, ぽんしゅう, すやすや[投票(3)]
★2マンハント(2017/中国)アクションに力を入れたのはよくわかる。でも色々抜けてますぜ。 [review]けにろん[投票(1)]
★4何者(2016/日)今拓人みたいな人は増加しつつあるのではないか。顔が見えない中で思ったことを言いたい放題言える時代。それを白い目で見ている自分も例外ではない。 [review]ぽんしゅう[投票(1)]