コメンテータ
ランキング
HELP

capricorn1さんのお気に入りコメント

シェイプ・オブ・ウォーター(2017/米)★2 よせ、野暮になる。 [review] (ペンクロフ)[投票(13)]
ディストラクション・ベイビーズ(2016/日)★4 この映画の前半は最高だ。後半、物語の作法に几帳面に従うのが余計に感じられた。 [review] (寒山)[投票(5)]
メッセージ(2016/米)★4 言語は思想のツール化であり武器でもある。我々の言語を教える(強制する)ことでも、彼らの言語を学ぶ(準じる)ことでもなく、あらたな共通言語を発見し、その体系に身も心もゆだねることで、互いの思想や生き方に順応し、今までとは別の関係性を創造するということ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
手紙は憶えている(2015/カナダ=独)★4 ラストの展開は衝撃的。「あっと驚く」というレベルをはるかに超えた真実にはびっくり。そしてその衝撃の展開に説得力を持たせるのは・・・ [review] (シーチキン)[投票(1)]
イレブン・ミニッツ(2015/ポーランド=アイルランド)★5 無限に存在する「時間」のなかの任意の11分間が、無限に存在する「空間」のなかの一点に収斂する。人はそれを「偶然」と呼ぶ。我々の生きる世界は、そんな時空の偶然の積み重ねで出来ているということ。そこでは、人の属性や行動や関係性は何の意味もなさない。 [review] (ぽんしゅう)[投票(4)]
日本のいちばん長い日(2015/日)★2 いつもの原田眞人といえばそれまでだが、とにかく画面の繋ぎ方が雑で話が盛り上がって来たと思ったらその高揚を断ち切るかのように場面が切り替わってしまう。まるで本来3時間以上ある映画をダイジェストで見せられているかのような気分である。1967年版より中心となる人物を絞り物語の背景を丁寧に描くことで話が余計難解になるような脚本を書けるのはむしろ才能といえよう。今後も精進すると良い。 (Sigenoriyuki)[投票(2)]
マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015/豪)★5 美しく崇高な映画。(レビューはラストシーンをはじめとして語りまくりネタバレ宝庫。ご注意を) [review] (月魚)[投票(9)]
マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015/豪)★4 まずは思想や理屈をすっ飛ばし「デス・ロード」だけに大金と労力をつぎ込んだ潔さが素晴らしい。映画の原点にたち返ったように、行動と装置(衣装、乗り物、砦の失笑寸前の禍々しさ!)だけで、すべて語れると信じる切るアクション馬鹿ぶり。この純度の高さは貴重。 [review] (ぽんしゅう)[投票(8)]
アルゴ(2012/米)★3 最後の方で急に冷めたなあ。 [review] (カルヤ)[投票(7)]
八甲田山(1977/日)★3 不謹慎かも知れんが、大滝秀治の「フヌォ!」に爆笑してしまった。 (マッツァ)[投票(3)]
トランスポーター2(2005/仏=米)★5 とりあえずどっちか操縦桿握ろうや 93/100 (たろ)[投票(1)]
アンノウン(2011/英=独=仏=米=日)★2 リーアム・ニーソンを中心に、今欧州をリードする名優を揃え、圧倒的な迫力で迫る大作か?と思ったが‥‥(2011/12/23) [review] (chokobo)[投票(1)]
鍵泥棒のメソッド(2012/日)★3 期待通りの面白さ [review] (ペペロンチーノ)[投票(9)]
リミットレス(2011/米)★3 趣向のみでドラマが無く、オチない結末には正直唖然とした。そりゃ誰でもこういう夢は見るが、映画にはそういう小さな世界観を打ち壊す何かを提示して欲しい。演出も悪くは無いがビジュアル過多で説明的に過ぎる。役不足でデ・ニーロの腹芸も消化不良。 (けにろん)[投票(2)]
マルサの女(1987/日)★5 心(こころ)が安らかなのが一番いいな。/渋い声/山崎努=権藤氏のつぶやき。 [review] (いくけん)[投票(13)]