コメンテータ
ランキング
HELP

寒山さんのコメント: 更新順

★4土(1939/日)畦道を逃走する男の背中を追うキャメラ。逆光の土手を行く提灯灯した荷車。すでに吐夢の重厚な詩情が完成している。 [review][投票]
★4山猫令嬢(1948/日)日中の市電車中で爆発する三益愛子のベランメエな造形、おおこれがかの「母もの」かと賛嘆を禁じ得ない迫力。置屋に闖入するおぼこい三條美紀の違和感の生々しさ。 [review][投票]
★3無頼無法の徒 さぶ(1964/日)小林旭の傑作。アクション・ヤクザのジャンル物の枷を外れた自由な色気が尋常ではなく、本作の栄二にズボハマり(含原作ネタバレ)。 [review][投票]
★5硫黄島(1959/日)大坂志郎の傑作だなあと惚れ惚れ観ていると事態は重層化され、ついには佐野浅夫の傑作だと判明する驚き [review][投票]
★4孤獨の人(1957/日)手袋だけの殿下。ラングのノアールの手法じゃないか。本邦の言論の自由の限界を示すやんごとなき描写に慄然とするばかり。 [review][投票]
★3警察日記 ブタ箱は満員(1961/日)貧しいアクションと良好な情緒系美術から成る散漫なドタバタだが、頑張れ民主警察の励ましが憎めない。大町文夫が好印象。吉永小百合は客寄せパンダでガッカリ。[投票]
★4地図のない町(1960/日)中平らしからぬ真面目で重厚な佳作。映画館の窓から俯瞰で捉える町の光景の詳述などクロサワばりで実にいい。 [review][投票]
★3あした晴れるか(1960/日)ホークスに遠く及ばぬ温いスクリューボール。芦川いづみのコメディエンヌ振りを愛でる作品だろうに、いちいち邪魔する中原早苗が目立ち過ぎ。所詮裕次郎映画か。もっといづみを観せろと云いたい。 [review][投票]
★3誘惑(1957/日)茫洋とした千田是也はじめ出演者は皆いい味出しているのだけど、いかんせんキメのギャグが空振り続き。もっと笑わせておくれよ。千田・芦川の突然の倒錯美が印象に残る。 [review][投票]
★3しろばんば(1962/日)豪勢な美術、冒頭は極上、大正時代の天城越えの乗合馬車の風情もいい。これが昭和になると『有りがたうさん』の上原謙のバスになるんだ。 [review][投票]
★3忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコー!!!〜(2011/日)わざとベタにやってるんだから目くじら立てないでねという煙幕張った退屈な東京向け大阪ギャグには付き合いきれん。音楽だけで充分なのに。[投票]
★3砂の上の植物群(1964/日)仲谷昇の造形が気障なばかりの主人公を巧みに相対化、中平もテクを駆使して、くだらない原作を何とか観られるレベルに仕立てたという感想 [review][投票]
★4アンデスの花嫁(1966/日)なんで左幸子は此処にやって来たのか。とても寓意的でシュールにすら見えるが、それは私が当時の南米移民について無知なせいなのかも知れない(シュールとは過度にリアルなものなのかも知れない)。 [review][投票]
★1アフリカ物語(1980/日)サンリオ20周年の子供向け野生の記録と『青い珊瑚礁』を更にダサくした寸劇から成り、この名匠もまた80年に墜落したのが嫌ほど確認できる。観賞中何度も昼寝を試みた。[投票]
★5ブワナ・トシの歌(1965/日)渥美清のギャグからリアクションから寅さんそのまんま。捻り鉢巻姿が眩しい。「男はつらいよ アフリカ土建篇」の趣。 [review][投票]
★3初恋・地獄篇(1968/日)寺山墓場趣味や幼女趣味、笑う会など面白い処が短く、詰まらない催眠術やSMがやたら長い配分が難。全然寺山らしくない、ベタな8ミリ映画を愛する件が印象深い。心は子供なのね。[投票]
★3放浪記(1962/日)菊田一男の戯曲の映画化。原作より著しく劣る。 [review][投票(1)]
★3ありがとう、トニ・エルドマン(2016/独=オーストリア)後期ブニュエルをソフトにして「愛」を足した具合。いい映画だけどいかんせん二次的。 [review][投票]
★5メイン州ベルファスト(1999/米)私は自分の住まう町の住人が日々何をして暮らしているのか、話でしか知らないし体験しようがない。本作は我々が毎日バラバラに体験している光景を一斉に目の当たりにできる得難い体験。4時間があっという間に過ぎた。 [review][投票]
★4遠雷(1981/日)夜明けの「わたしの青い鳥」はあの時代を代表する名シーン。リアリティなきリアリティが実に多くのことを語っていて、私ら世代の運命とすら感じる。その昔なら与謝野鉄幹だもんなあ。 [review][投票(1)]