コメンテータ
ランキング
HELP

寒山さんのコメント: 更新順

★5モヒカン族の最後(1920/米)敵の影が壁面に大写しに蠢くショットを観て、貴方は『第三の男』だなどと云ってはいけない。『モヒカン族の最後』だと呟かねばならないのだ。ハスミンです。[投票]
★3札幌オリンピック(1972/日)本作には美点がふたつ。アイヌ民族音楽の挿入が立派なこと(オリンピックを少数民族確認の場とする先駆か)と、ジャネット・リンのスケートに白鳥のシルエットを重ねるショットが(凄いベタだが)とても美しいこと。 [review][投票(1)]
★3よこがお(2019/日)犀の勃起をご婦人ふたりが語る件などフロイト「夢判断」の映像化みたいな面白味はあるがそこ止まり。19世紀止まり。 [review][投票(1)]
★2グリーンブック(2018/米)スパイク・リーとともに「白人の救世主」を考える映画 [review][投票(1)]
★3若草物語(1949/米)メアリー・アスターの母親が四姉妹の枕元を周る際に手に持つランプの薄ピンクの発色が素晴らしい。ここだけで本作は観る価値がある。 [review][投票]
★4風櫃〈フンクイ〉の少年(1983/台湾)潰れた油虫と無限に同期し続けるニュウ・チャンザイ君。何ちゅう「傑作青春映画」であることか。 [review][投票]
★4フェリーニのアマルコルド(1974/仏=伊)カサノバ』『女の都』へと続く性風俗映画で『グローイング・アップ』シリーズが想起されたりする。ファシズムの「美しさ」とは対極の出鱈目で故郷を救おうとするかのようだ。 [review][投票(1)]
★4雲ながるる果てに(1953/日)特攻映画の肝はその前夜の無礼講などんちゃん騒ぎにある、という物語手法を編み出した点だけでも本作は名作だ。高原駿雄朝霧鏡子が忘れ難い。 [review][投票(1)]
★3ジェーン・エア(1944/米)長編ダイジェストで後半になるほど気忙しく巻きが入り支離滅裂になる。結局序盤のペギー・アン・ガーナーとともになされる寄宿学校批判が一番いい。 [review][投票]
★5典子は、今(1981/日)三上寛の大フューチャーが素晴らしい。いやに普通のフォーク曲を延々弾き語りして辻典子とデュエットまでするのだ。三上ファンにはお宝映像だが、一般の観客はこれに納得したのだろうか不思議。 [review][投票(1)]
★4婦系図(1934/日)寅さんも大好き「婦系図」、マキノ版も三隅版も秀作だがこの元祖映画もとてもいい。各シークエンスで舞台のように腰を落とす芳亭演出が上等。若き田中絹代の魅力に溢れている。 [review][投票]
★3カミュなんて知らない(2005/日)「不条理」をドラマが扱って半世紀、もう出がらし状態であり、ここでは主題を穿たない方便の機能しか果たしていない。 [review][投票]
★3僕たちは希望という名の列車に乗った(2018/独)ベルリンの壁建設前の疑心暗鬼をファスビンダー的にシリアスな心理劇で示すべき題材だと思うのだが白黒明快な通俗に留まる。別に通俗でもいいのだがそこに心理劇では喰い合わせが悪く大雑把に留まる。 [review][投票(1)]
★2元気で行かうよ(1941/日)豪華共演作が凡作になるのは戦前も同様らしい。美点は山師と給仕の生業について詳しいこと。笠智衆が完全な悪役で登場するのは珍しかろう。 [review][投票]
★3鏡山競艶録(1938/日)女しか出てこない奇怪な武家屋敷もので、鈴木則文のエログロナンセンスにも元祖があるのだと感銘を受ける。元祖化け猫女優鈴木澄子のお局が凄すぎる。 [review][投票]
★5お加代の覚悟(1939/日)アッと驚く田中絹代19歳の『西鶴一代女』 [review][投票]
★2打撃王(1942/米)冒頭のルー少年を追って空を見上げたらそこにボールが飛んでいた、というショットがとても鮮やか。そしていいのはここだけ。あとは野球の愉しさを撮ろうという意欲がまるで感じられない。 [review][投票]
★3女医の記録(1941/日)戦前らしい国策宣伝映画で結末は初めから判っておりドラマはショボい。美点は医療を受け付けない旧弊な田舎の描写でとても興味深いが、宣伝映画につきどこまで本当か判らないのが難。 [review][投票]
★1五人の斥候兵(1938/日)今に続く保守派が大好きな本邦戦争映画のプロトタイプであり、風呂屋のペンキ画のような忠孝の物語が臆面もなく展開される。ヴェニスから届いた宣伝大臣賞は本作がプロパガンダであるとはしなくも暴露しており滑稽。 [review][投票]
★5僕はイエス様が嫌い(2019/日)挑発的なタイトル(と英題)を頭の片隅に置いて鑑賞することになり、結末は多義的な解釈が許容される。私は反転した敬虔な作品と受け取った。撮影は邦画近年の傑作。 [review][投票(4)]