コメンテータ
ランキング
HELP

寒山さんのコメント: 点数順

★5晩春(1949/日)二人で観る能舞台の演目は「杜若恋の舞」、身分違いで結ばれなかった在原業平と恋人杜若に憑依された者の狂気の舞であるらしく、原節子の狂気を見事に具象化している。 [review][投票(6)]
★5二十四の瞳(1954/日)戦後版『陸軍』、創作童謡映画、贈与の映画、悪役の映画、ロングショットの傑作。 [review][投票(5)]
★5パッチギ!(2004/日)加藤和彦の音楽監督による松山猛の伝記。語り継がれるべき文化史を井筒はかつての大島のように、極彩色の演出で塗り潰したうえで、彼等を讃えている。 [review][投票(5)]
★5お早よう(1959/日)喜劇らしい脇役天国に全編見せ場のテンコ盛り [review][投票(4)]
★5魚影の群れ(1983/日)円環を描く未解決事件、80年代に投げ出された神話的異物。 [review][投票(4)]
★5父と暮せば(2004/日)父は元気のない娘を幸せにするために出てきたのではない。 [review][投票(4)]
★5百円の恋(2014/日)安藤サクラに惚れる二時間 [review][投票(4)]
★5ハンナ・アーレント(2012/独=イスラエル=ルクセンブルク=仏)これは評価の固まった偉人の伝記作品でもなければ、死んだ犬ナチスをもう一度蹴飛ばす娯楽作品でもない。ロングランは故なきことではない。民族的な言説空間に埋没するなというメッセージは、いまの日本にこそ必要なものだ。 [review][投票(4)]
★5もらとりあむタマ子(2013/日)世間に折り合いをつける父娘二人の共犯関係 [review][投票(4)]
★5ヒミズ(2011/日)無根拠な「がんばれ」 [review][投票(4)]
★5独裁者と小さな孫(2014/グルジア=仏=英=独)同床異夢の男たちの円陣を追うキャメラが素晴らしい。映画でしか描けない理想が確かにある。 [review][投票(3)]
★5ツィゴイネルワイゼン(1980/日)「人間の遺体から骨だけ取り出すことは可能かね」あの状況なら、私が藤田敏八でも医師にそう尋ねるだろう。 [review][投票(3)]
★5岸和田少年愚連隊(1996/日)登場人物が皆人生こんなものというある種達観した世界観を抱えているニュアンスに惹かれる。油濃いメッセージを必要としない井筒の理想郷が見事な一貫性をもって繊細に構築されている。 [review][投票(3)]
★5母(1963/日)「産めよ増えよ地に満ちよ」とは、別に全世界を駆け巡った訳ではなく、こういう貧しい関係においてひっそりと呟かれたに違いない、というリアリティが宿されている。 [review][投票(3)]
★5気狂いピエロ(1965/仏)フラーに唆されて映画を生きるピエロ。繰り返されるクラシックの断片とクタールのキャメラでトランス状態にさせられる。 [review][投票(3)]
★5福福荘の福ちゃん(2014/日=英=台湾=伊=独)最初から最後まで気持ちよく爆笑させてくれる。現代的なブラックユーモアと伝統的な人情喜劇が排斥し合わず相乗効果をあげる様は大人計画系喜劇の見事な達成。出演俳優全員の代表作になるだろう。 [review][投票(3)]
★5紳士は金髪〈ブロンド〉がお好き(1953/米)徹底した物質主義の戯画のようでもあり、違うようでもあり [review][投票(3)]
★5嘆きのピエタ(2012/韓国)マリアの哀れみは誰も救わない。 [review][投票(3)]
★5鳥(1963/米)鳥籠とともに家宅侵入に成功するメラニーもまた鳥の一味であり、先導獣だ。ミッチ宅をボートから眺める秀逸な主観ショットは、狙いを定めた鳥の目線そのものである。 [review][投票(3)]
★5天国と地獄(1963/日)内と外の映画、境界の映画 [review][投票(3)]