コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 野良猫(1958/日)

釜ヶ崎人情もので出来はフツーだが、途中やっと出てきたかと思いきやそこから最後まで喋り倒す森繁の達者な抑揚は圧倒的。宝塚映画らしく大阪漫才満載で南都雄二ミヤコ蝶々が最高。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







溝に流れる紙風船ってのは山中貞雄の安易な模倣という印象がマイナスだが、溝が連発される美術はリアルで優れもの。昔の衛生観念はあんなだった。狭い映画館や大道詰将棋の描写なども優れており、クライマックスを演劇的に彩る線路の巨大セットも圧巻。しかし森繁の胸の十字架は、乙羽に子供が出来ているから自殺を止めるという件に繋がるもので、これもなんだか紋切型である。

乙羽信子のヌードはボディ・ダブルだろう(あんな放漫なはずがない)。別にそこで多くは望まないが、女子プロレスのタイツ姿にはなってほしかった。南都・ミヤコの漫才は、ふたりで森繁の滞納家賃を請求に来たが、途中からミヤコが森繁の味方して南都をイジメる、というもの。環三千世は序盤ちょっと出るだけだが鮮やかな印象、もっと観たかった。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。