コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 晩春(1949/日)

二人で観る能舞台の演目は「杜若恋の舞」、身分違いで結ばれなかった在原業平と恋人杜若に憑依された者の狂気の舞であるらしく、原節子の狂気を見事に具象化している。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







行き遅れた娘を嫁がせるために自分も再婚すると嘘をつく男の話だ。筋たけなら他愛のないコントである。喜劇監督なら笠智衆三宅邦子のドタバタ劇に仕上げるだろう。初期の小津でもそうしたかも知れない。そんな件を一切描写せず、観客も一緒に騙して最後にオチをつけ、しかもそれが切ない余韻を生むのだからすごい。

本作はその他、いらない枝葉をバッサリ切り落としており、原節子のフィアンセすら映さないし、桂木洋子を折角起用しておきながら(三島雅夫の娘)顔を映さない(遠景と後姿のみ)のもそうだ。さすが小津としか云いようがない。私は不満だが。

そのようにして目指されているのは一見古典主義的な悲哀に見えるのであり、いくら育てても他所にやるんだから娘はつまらんもんですなあ、その娘をあんたも貰ったんだから、なるほどしょうがないですなあ、と笠と三島が禅問答を交わすのが竜安寺の石庭というのは本来ちとやり過ぎだろうが、本作の枯れた詠嘆のなかでは何の嫌味もない。

この枯れた世界のなかで、過剰な原節子の笑顔から深刻への振幅は強烈な印象を残す(フィルムの劣化の加減かも知れないが、お能の客席に三宅を見てからの半日、彼女のドーランは額の辺りで剥げかけており、化粧がお面のように見えてさらに異様さを増している)。この手法、小津はしばしば用いるのであり、前半でベロ出してお道化ていた凸ちゃんがいつの間にか深刻になりグラスを壁に叩きつける次回作の『宗方姉妹』などそのままだし、原節子も『東京暮色』で硝子戸から覗く度外れに深刻な顔は忘れ難い。その度外れ具合に収拾がつかなくなる破綻がスリリングなこの2作などに比べると、収束が余りにもきれいなために、呆気なく収まる処に収まったという気もする。

しかし原の過剰さを思い出すにつれ、これは単なるお嫁に行きます物語ではなく、父に恋する娘という禁断の物語であったのだという思いが強くなってきた。二人で観る能舞台の演目は杜若恋の舞、身分違いで結ばれなかった在原業平と恋人杜若に憑依された者の狂気の舞であるらしく、これは笠に恋した原の心情風景であったのだろうか。いやこれはよくある疑似恋愛で、別に禁断などとセンセーショナルに叫ばなくともよいのかも知れない。しかし疑似にせよ原のパッションは本物だった。ラストシーンでひとり林檎を剥く笠が何を思うのだろうか。「どうでもよいことは常識に従う」は有名な小津の処世訓だが、この際は常識があってよかったと思っただろうか。最後に映される夜の海の波は、揺れる初老の男の心情なのだろうか。するとこれ、枯れた話では全然ないのだ。★4つかな、と思いながら書き出したが、これでは満点にせざるを得なくなった。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (6 人)jollyjoker DSCH けにろん[*] ぽんしゅう[*] ゑぎ[*] 3819695[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。