コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 喜劇 特出しヒモ天国(1975/日)

テンパったエピソードが画面にテンコ盛りに盛りつけられる。殆ど画面からこぼれ落ちそうなのだ。
寒山拾得

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







それがこぼれ落ちそうで落ちないのは、舞台に立つ奴が偉くて、立てない奴は僧侶の殿山泰司に拾ってもらうという骨太な骨格があるからだ。

えらく抑制の効いた山城新伍の造形が交通整理役として機能している。ヒモは山城の他、刑事から転業する川谷拓三カルーセル麻紀を追いかけてきた川地民夫、聾唖の森崎由紀の亭主下條アトム、大工から転身する藤原釜足はヒモじゃないのかな。特筆すべきは、色んな動機で集まった(落ちて来た)彼等を、この世界は揉みくちゃにしながらも全て受け入れるのだ。このヒモ天国は彼等のアジールである。

日活・東映の混淆試合の様相を呈しており(森崎はもう松竹から独立している)、日活代表芹明香は当然のように圧倒的だが、東映代表池玲子の静かな諦念も忘れ難い。そして小屋は焼け落ち手入れは入る。「黒の舟唄」で泣かされる。

だがこの天国、このアジールは、いっとき咲いた徒花ではなく、形を変えて姿を現し続けるだろう。森崎・下條が子供を授かる件がそう教えてくれている。森崎のフィルモグラフィーは全て、この探求なのだと教えてもくれるのだった。傑作。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。