コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 東京物語(1953/日)

高峰秀子がノン・クレジットで出ています。さてどこでしょう?
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







正解は団扇にプリントされた広告。

杉村春子の美容院で杉村春子が使う。山村聰と待合席に並んで語らう件(45分ごろ)と、笠智衆夫婦が熱海から帰宅する件(57分ごろ)。また、あの印象的な老夫婦の東京放浪の直後、訪ねた友人宅で代書屋の十朱久雄が使う(62分ごろ)。全く同じ柄で、この小道具は使い回されているらしい。原節子のアパートで東山千栄子が使う団扇(41分ごろ)も、柄は違うが凸ちゃんの写真に見える。

小津御大の茶目っ気によるイタズラだろう。酷暑の数日間、登場人物は団扇をあおぎ続ける(葬儀の場面を除く)。人が団扇をあおぐ仕草は、なんてユーモラスなのだろう。杉村春子は脛に纏わりつく蚊の撃退にも転用して、まるで落語みたいだ。深刻に流れがちなテーマを、この小道具は巧みに中和している。

ご注意。私の思い込みかも知れません。機会の持てる方はぜひ確認してみてください。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)ジェリー[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。