コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 雲がちぎれる時(1961/日)

有馬稲子のやさぐれ感がモグリの看護婦になり玄関先を掃除する辺りで地味に炸裂するのが凄いのだが、彼女が佐田啓二を遠ざける女心がもうひとつ伝わってこないし、収束はさらによく判らない。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







収束のバスの転落は驚いた。峠の七曲りを行くバスのカットはジェットコースターのように恐ろしく、科白でも事故事故と前振りがあったからまさかとは思っていたが。佐田が倍賞千恵子と結婚するのだって充分悲劇なので、そこまでしなくてもいいんじゃないのだろうか。だいたい有馬の再逃避とバイクの激突は何の関係もない。ラストのトンネル開通は、バスの運転手さんご苦労さんと労うニュースフィルムみたいになってしまっている。

原作通りなのか新藤兼人の追加なのか。本編の積み重ねへの自信のなさが、この派手な転落を選んだように見えてしまった。

全体にも、三十路有馬の魅力たっぷりだったのに、作劇上はどうも空廻っている。人の子を我が子と葬る立派さも、これではナスチズムに見えはしないだろうか。ただ、仲代達矢の半端感は、戦死する夫一般の唐突さなのだろう。漁夫の利ばかり話題になる朝鮮戦争で被害を受けた数少ない日本人の類型がある。佐田はすれ違いメロドラマの王様の貫録。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。