コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 大人のオモチャ ダッチワイフ・レポート(1975/日)

笑えないコメディほど退屈なものはない。例えばオスの性の哀れみたいな批評に本作は禁欲的で、つまりナンセンスが志向されたのだろうが、ナンセンスで笑いを取るのは難しいものだ。
寒山

そこそこ埋まった客席には一時間余の沈黙があったが、お一人だけ最初から最後まで笑い続けた客があった。何か羨ましい気がした。

冒頭、北極観測船の難破で「氷の世界」がかかるのだが、このシリアスな選曲からしてコメディとして不徹底。大人のオモチャ自体が当時の流行だったのかも知れず、映画でこのカタログ化を目論めばいい記録になっただろうが、そういう視点もない。

(評価:★2)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。