コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ありがとう、トニ・エルドマン(2016/独=オーストリア)

後期ブニュエルをソフトにして「愛」を足した具合。いい映画だけどいかんせん二次的。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







話は定番人情喜劇。真面目な娘に変わった父親という設定は数多あるが、本作のユニークなのはペーター・ジモニシェックがあんまりギャグに走らない処だろうか(ハナ肇なら到底これでは終わらないだろう)。大企業の横暴に疲れる社員話も数多あるが、首切り業務におかしくなるのはまあ当然だろう。というが、是非おかしくなってほしい。しかし「お前は人間か」とは容赦がない。

裸パーティーはブニュエルないしパゾリーニから毒を抜いてカウリスマキ系のギャグを加えた印象。ザンドラ・ヒュラーは好感度大なれど、容姿も役柄的にも『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェットと被る。父親の牙を無表情につけるラストは鮮やかだが、やはりとてもカウリスマキっぽい。全般に二次的。嫌いじゃないんだけど、先行する作品を好んだ者としては、薄味に過ぎた。

あと、長尺にもかかわらず、脚本のエコノミーにいい箇所が幾つもあり、これは良かった。血糊のついたブラウスを髪で隠すよう指示する処とか。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。