コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 青春の殺人者(1976/日)

親子のことに法律は関係ない、という市原の認識が突然に映画をエディプスの昔に運んでいく前半がとても素晴らしい。なぜこのまま突き進まないのか。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







だからここはエディプス神話を丸写しして、市原の計画通り、水谷と逃亡する話にしたらどんなだっただろう。とんでもないグロテスクな物語になっただろうに、早々に市原も殺してしまうのは惜しい。

市原と原田は共に水谷をジュンちゃんと呼ぶ相似形であるが、原田の造形は弱い。不幸な身の上が水谷の事件と何か化学反応を起こせばよいのだが、上手くいっていない。結果、後半は散漫になった。

アイスクリーム売りの記憶は成田闘争の尻すぼみを横から予見させている。「うちの家系は誇り高いから人に頭下げるのは厭なんだ」なる内田の科白は泣かせる。優しい両親に説得されてゲバ棒を捨てる学生、と云った処だ。『太陽』でも文太が「ああ俺は犬だ」と応えた途端に沢田は反抗の動機を失った。長谷川映画は肝心の処で上の世代に屈服する反抗世代、という呼吸を好んでいる。これを超えるものを持たなかった。

望遠を活用したキャメラは冒頭の水谷・原田の戯れからラストのトラックまで抜群だが、平凡なショットも散見され、この落差に疲れさせられる処がある。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)3819695[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。