コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] お嬢さん社長(1953/日)

主役がイモでどうしようもないが、後年のスピード感溢れる川島演出の片鱗が窺えるのが取り柄。桂小金治大坂志郎がそっくりで二人並ぶと不思議な画になる。
寒山

脚本はメロドラマを富田義朗、コントを柳沢類寿(本サイトでは脱落しています)が書いたのだろう。後者の世界に絞ってこの後の川島の成功があることになる。本作でもコントは面白い。小金治はイマイチだが多々良純はさすがだ。

戦前の名子役小藤田正一の遺作、というか以降は行方不明らしい。ニセ中国人役だが、坂本武が彼を「三国人」と呼ぶのに驚いた。この頃はまだ禁止用語ではなかったらしい。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。