コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 男はつらいよ フーテンの寅(1970/日)

全作品中、シネフィルを満足させる「映画」として随一のもの。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







冒頭の階段落ちからして物凄く、春川ますみのどんちゃん騒ぎや、吊り橋での決闘、寅が旅館から逃走する際の火鉢の灰の舞い上がり具合、ラストの行く年来る年、船客との口上の唱和まで、喜劇ならではのそこまでやるかというど派手な破綻が鮮やか。森川信のいじり具合も徹底している。さすが森崎。

彼らしい社会派の側面が花沢徳衛の件で炸裂しており、確かにとってつけた感は否めないがこれも含めて森崎らしい。窓の外に垣間見える煙突の炎、仏壇の横に並べられた天皇皇后の御真影、言葉の不自由な花沢。グロテスクな昭和の哀しみを語って強烈である。ここがベストショット。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。