コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 男はつらいよ 拝啓車寅次郎様(1994/日)

中庭転落から渋柿に至るまで、満男のギャグは全部寅へのオマージュ。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







かたせ梨乃は極妻な発声が寅に似合っているが、ちと話が薄すぎた。牧瀬里穂も悪くはないが薄い。満男話は社長のすまけいに会社を辞めたいのかと指摘され、牧瀬宅でこっちで勤めろと提案されるのに、恋愛とともに立ち消えになるのが半端。収束での満男の寅賛美も、ここ数回の繰り返しに過ぎない。鉛筆の講釈は最初から感動的な音楽が流れ、力み過ぎに見える。こちらは寅を褒めたくて仕方ないんだが、もう少し何かないと褒めようがない。

脇役はいい。小林幸子の演歌ドサ廻りが感じよく、山田印の神戸浩の馬鹿が好調。一方、佐藤蛾次郎が高齢化しているのを見つけて驚く。浅草駅の件でホームレスとの絡みがあるのが、シリーズのテーマと関連するから妙に心に残る。

観光地紹介は、題材が芸能だからむしろ好ましい。子供歌舞伎の演目は目隠ししているから「梅川忠兵衛」だろう。父親が転んだのでお尋ね者のふたりと巡り合う話(大雑把)で、かたせが転んで怪我するのはこの引用と思われるが、本筋との関連が読めないのもまた薄い。徳永をやっと止めてくれた。私的ベストショットは路上で歌ったあと捨てられたチラシを拾っている小林。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。