コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 幸福の黄色いハンカチ(1977/日)

シネフィルが褒めてはいけないことになっている秀作。山田監督の森崎からの影響が窺われる。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







始終喧しく喧嘩を続ける桃井かおり武田鉄矢が無言の同意を示す件がふたつある。ひとつは前科者と知れて別れを告げる高倉健をふたりが追いかけるとき、もうひとつは彼が倍賞千恵子と再会成った際に後を追わずに立ち去るとき。演出の力点は、いかにここを科白なしで済ませるかに傾注されており、見事成功している。

後段のあとのラストシーン、二人はサカリがついたように抱き合う。純愛にあてられたということなのだろう。ここをどう見るかで感想が違ってくる処だが、これが森崎映画なら誰もが称賛するだろう。変な話であり、随分15禁なシーンもあるのにファミリー向けと勘違いされた本作は不幸だと思う。以降、山田監督は自分の役割をしょい込むことになる。

ハンカチ大量に結ぶ倍賞の想いが美しい。しかしこの終盤、財政再建中の夕張の昔の風景を眺めるのは辛いものがあった。たこ八郎にもう少し活躍してほしかった。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)ゑぎ[*] 緑雨[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。