コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 銀座化粧(1951/日)

喜劇版『女が階段を上がる時』。間抜けな男列伝を描いてこの軽妙さは田中絹代と凸ちゃんの資質の違いなのか、ナルセがまだ若かったからなんだろうか。三島雅夫が素晴らしい。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







癇性を持ち味にした中年凸ちゃんには本作はできますまい。上品さがそのままユーモアで、周囲で何が起こっても鷹揚に受け流し、何しても嫌味を残さず、しかしそれでストレス溜めているんだろうなあ、という田中絹代なればこその表現力が本作の志向と絶妙にマッチしている。ミゾグチ映画とは別系統で、本作と『おかあさん』(52)『煙突の見える場所』(53)は彼女のキャリアのひとつの頂点だと思う。

男優陣が嬉々として間抜けを競っているのが底抜けに愉しい。小倉繁の詐欺は中盤に再活用され、東野英治郎は成金演じて他の追随を許さず、阿呆ボン田中春夫の長唄(バーで始めるとリクエストしていた女給連が一斉に下向いて煙草を吸い出すのが爆笑もの)、黒縁眼鏡の堀雄二のクソ真面目。関西弁の小杉義男もフジムラ詩集の柳永二郎もグダグダで、これもグダグダの花井蘭子清川玉枝が駄目を押す。ドロドロ男優陣を睨みつける凸ちゃんの『階段』と見事に好対照。これは意図的だったのだろうか。

終盤に堀を取られた香川京子に田中がほんの一分間だけ見せる女の嫉妬。この突然の緊張感溢れる転調がもうスリリング。絹代が怒るととても怖い。彼女が負けるに決まっている対決に映画は全力を上げて取り組んでいる。香川の正論と、この運命の悪戯は息子の蒸発によってもたらされたという切ない重層化。そして落とす肩が哀しいテテ親三島雅夫。冒頭と終盤で向上はまるでない。ナルセ印の橋の上での息子との別れ。この名優の映画を何本も観てきたが、本作のハマり具合はピカイチ。失礼ながら本作を代表作と呼びたい。

冒頭は息子の帰宅から始めている。町並み紹介のほんのリードかと思いきや、端々でこの子の断片を拾い集め、終盤に蒸発に至らせる周到さがいい。私的ベストショットはこの子が川べりでひとりケンケン遊びをしている寂しい件。最後の絹代の息子への「今度の日曜は遊園地」というフォローが優しい。太鼓叩いて客寄せする紙芝居屋の断片が貴重。確かここは連ドラの「ゲゲゲの女房」で引用されていた。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)3819695[*] ゑぎ

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。