コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 眠狂四郎炎情剣(1965/日)

桃割れの姿美千子のカワユいこと。玉緒だの西村晃だの生臭連中の臭気を終盤、彼女の登場で吹き払うという構成なのはよく判るが不満。当然に彼女を全編でフィーチャーしなくてはならない。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







作劇は、ニヒルだった雷蔵が、海賊たちがキリシタンと知って突然肩入れを始める、というのが常道すぎて詰まらない。キリシタンがなぜ海賊なのか判然としないし、だいたい、眠狂四郎とキリシタンでは水と油で無茶である。

撮影は快調。殺陣は歌舞伎のような女形の殺人や、山寺の回廊における高低差を強調した雷蔵切りまくりなど面白く、問答無用のラストも素晴らしい。鴉の舞う絵が描かれている、雷蔵の泊まる寺の障子がとても素敵。しかし私的ベストショットは断然、西村晃の顔アップ全部。半開きにした眼がイカしている。彼の代表作のひとつだろう。

オープニングとラストは円環を描いているが、円環がもうひとつある。雷蔵は最初に玉緒を、最後に姿美千子を自分の定宿である寺に誘う科白だ。玉緒は襲われた訳だが、姿がどうなったのかは描かれない。雷蔵まさか襲うつもりじゃあるまいな、という一抹の懸念が消えず、無駄に気を持たせる収束であった。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)disjunctive[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。