コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] サスペリア(1977/伊)

製作者が悪魔を本気で信じておらず、ただのネタとして扱っているのがビンビン伝わってくる凡作。傑作『エクソシスト』との差異は明らか。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







ヒッチコックからハリウッド勧善懲悪を引いてイタリアンなお下劣趣味を足した具合だ。美女いびりを主題に排水溝(『サイコ』)やら蝙蝠(『』)やらヒッチコック趣味満載だが本家より大いに劣る。抑揚というものが欠如した演出に求心力はなく実に退屈。これを様式美と呼ぶのは様式に失礼だろう。ゴブリンも評価され過ぎである。

結局、いちばん怖いのは冒頭の大雨と荷物持ってくれない運転手であった。途中で殺される学友は、件の大雨の夜、玄関を開けなかったのは私だったとボロッと告白する。私は、彼女は悪魔より酷い奴だと思う。

(評価:★2)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。