コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 三度目の殺人(2017/日)

是枝裕和の取り上げる題材も見せ方も非常に興味をそそる。たが、彼はいつも自分の意見を言わない。正解はないとしても、自分の考えはもっと述べてもいいんじゃないかと、毎度思う。
jollyjoker

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







法廷では利害の一致に焦点があてられる。真実はどうでもよいのだ。本作は、一つの側面から見た優位性を判断するという、裁判の不条理と人間の裏側に迫るものと思っていた。だが、重盛の父親のエピソードがあるにも関わらず、それが三隅という人物像に反映されたとは思えず、やや消化不良。三隅という人物像がつかめないのは、重盛と同様なのか、そもそも劇中で吐露されるように、人物像は不要なのか。役所広司の被告人像もしっくりこない。

重盛が証言に翻弄される姿も、頭脳明晰な弁護士のつまずき程度にしか受け取れない。福山雅治はいい加減もっと乱れる役を心底やってみてはどうか。アシスタント川島満島真之介の存在が一筋の清涼をもたらした。

よいカットはいくつかある。

雪の中で大の字になるシーン。

重盛が届かない何かを手のひらで探るようなアップ。

三隅と重盛が接見室で対峙し、プロフィールがオーバーラップするシーン。

などなど。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)死ぬまでシネマ[*] 3819695[*] 寒山[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。