コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 心と体と(2017/ハンガリー)

監督の作品を初めて観たが、言いたいことがはっきりしており、ド直球の表現が好きだ。光と影の撮影、ピンポイントの対象物、現実と夢の対比。すべてが上手くまとまった作品だ。
jollyjoker

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







作中の鹿の撮影にはかなりの時間を要したとのこと。これが功を奏していて、主演二人の夢と重なり、ドキドキする。

孤独な中年男とコミュ障女の心の底にある、相手と(心身ともに)交わりたいという潜在意識を、これほどうまく表現した作品に、超ドキドキした。直接的な性描写がある訳ではないのになまめかしく、誰にでもある(であろう)ココロとカラダで「愛し合う」という過程を、じりじりしながらも共有できた。

食肉牛の屠殺シーンが現実であるということ、ヒトも同じように現実を生き、夢の中でも生きているという事実。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。