コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] シュトロツェクの不思議な旅(1977/独)

人間はニワトリと同じじゃないの?
Sōjun

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







私たちは社会のルールの制約を受けながら 生きる理由を自家発電して生きています。

(社会のルールは当映画の牢獄、自家発電はピアノ演奏に当たります)

たとえば「結婚」して「幸せ」になる。「映画」を見ることが「生きがい」である。等です。

本当でしょうか。何が自分にそうさせているのでしょうか。

さらに言えばその原因がわかったとしても、 その原因に従って行動する事を選んでいるのは誰でしょうか。

自分に他ありませんが 選択する事を選択したのは誰でしょうか。

そういった思考を重ねていくと 全てが「させられている」ことに気付きます。 「牢獄」も「ピアノ」も「させるため」の装置です。 この映画は その状態が憐れである事を教えてくれる作品です。

つまり 私たちはニワトリと同じじゃないか というメッセージです。

ではニワトリにならない為に シュトロツェクのように社会から外れるしかないのでしょうか。 そんなことはありません。

自分が何を思い考えているのか注意深く観察し続けることが大切です。

気付くきっかけは たとえば数々の名画の中にもあります。

答えは自分の中にあります。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。