コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ちはやふる -結び-(2017/日)

原作にないオリジナルキャラを出すと大体失敗するよね。
さず

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







もう3作目ですから、主要キャストのイメージが原作と異なるとか、そんなことはどうでもいいんですよ。 映画から観始めた人も多いだろうし、広瀬すず野村周平のファンも多いだろうし。 でも、『上の句』『下の句』ときて3部作の『-結び-』が小さくまとまっちゃあいかんと思うわけです。

で、その要因をとなるのが、清原果耶演じる我妻伊織です。 彼女はストーリーにはあまり絡みませんが、映画全体のテイストを変える触媒として機能しています。 原作中の幾人かのエッセンスをまとめたキャラでもありますが、新を慕っている後輩の高校生である伊織を実力者である 準クイーンとすることによって、高校生だけれども圧倒的クイーンである詩暢を目指していた綾瀬千早のベクトルが くるりと円を描くように同年代の中で収束し、高校生の恋愛譚として小さくまとまってしまいました。 そういう意味ではうまい配置なのですが、結果、ラスボスである若宮詩暢や周防久志が薄っぺらい人物像となってしまい、 折角『競技かるた』という生涯かけて戦える競技を中心に据えながら「青春の1ページ」の話で終わるのはもったいないなと思います。 よって2に近い3点。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。