コメンテータ
ランキング
HELP

ペペロンチーノさんのコメント: 更新順

★5飢餓海峡(1965/日)良い映画に飢えたらこの映画を観るといい。これは「ギリシャ悲劇」だ。 [review][投票]
★4ゼイリブ(1988/米)製作から30年後に観るといろいろ許せる。ていうか、昔より面白く感じる。 [review][投票(1)]
★4運命は踊る(2017/イスラエル=独=仏=スイス)常時臨戦態勢の国イスラエルが生んだ、真面目だけどトリッキーな映画。 [review][投票(1)]
★4アンダー・ザ・シルバーレイク(2018/米)この映画を撮らせたのはヒッチコックの陰謀だと思う。黒澤かもしれんけどな。 [review][投票]
★2音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018/日)主役級になってから吉岡里帆は作品に恵まれていない気が・・・。 [review][投票]
★4日日是好日(2018/日)仲よき事は美しき哉(<何となく言いたかっただけ) [review][投票(1)]
★5愛しのアイリーン(2018/日)新井英樹原作って知らなかった俺が悪かった。ごめんなさい。木野花ファン必見。 [review][投票(2)]
★3食べる女(2018/日)久世光彦か森田芳光で観たかった。 [review][投票]
★3寝ても覚めても(2018/日)寝ても覚めてもこの映画の褒め言葉を考えていたら、長大な悪口になっちゃった。 [review][投票(1)]
★32重螺旋の恋人(2017/仏)フランソワ・オゾンの「クローネンバーグやってみよー!」あるいは「ケン・ラッセルやってみよー」の巻。 [review][投票]
★2オーシャンズ8(2018/米)吉田類の酒場放浪記は面白いけどおんな酒場放浪記はそれほど面白くない。そもそもオーシャンズシリーズは面白いのか? [review][投票(1)]
★5カメラを止めるな!(2017/日)熱意の結晶。今年一番泣いた映画。 [review][投票(5)]
★31999年の夏休み(1988/日)2018年の夏休みに初鑑賞したらいろいろ面倒くさかった。 [review][投票]
★3暗殺のオペラ(1970/伊)若きベルトルッチの『不思議の国のアリス』。もしくは『砂の女』。 [review][投票]
★4パンク侍、斬られて候(2018/日)かくして全能の神は人類との交信を断ったのでした、という神話。むしろ黙示録。 [review][投票(3)]
★3告白小説、その結末(2017/仏=ベルギー=ポーランド)ポランスキーの『ローズマリーの赤ちゃん』(<何を言ってるんだ?) [review][投票]
★3女と男の観覧車(2017/米)ウディ・アレンの『サンセット大通り』。ケイト・ウィンスレットが巧すぎてグロい。 [review][投票(1)]
★3そして父になる(2013/日)「親子の欠片(かけら)」という是枝得意のモチーフの集大成 [review][投票(3)]
★3パリは燃えているか(1966/仏=米)ルネ・クレマンの「いっぱい」シリーズ。「将軍がいっぱい」 [review][投票]
★5万引き家族(2018/日)片鱗を描写することで炙り出す「フレームの外」。そこにある社会という枠の外(の片鱗)を描く映画。 [review][投票(8)]