コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] STOP(2015/韓国=日)

キム・ギドクの意図は分かるが、『アルファビル』や『華氏451』的なSF珍作コメディに見えてしまう。作品自体よりも上映を阻む日本の懐の狭さの方が問題じゃない?
ペペロンチーノ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







キム・ギドクが監督、脚本、撮影、照明、録音、編集はおろか、配給まで手がけ、収益を福島、熊本に寄付するという。 東日本大震災による福島原発事故を題材にしている「問題作」と言われ、日本での上映が困難とされていたらしい(主演俳優は契約していたCMを降板させられたとも聞く)。実際、新宿K's cinemaとキネカ大森で2週間限定で公開された程度。

たしかにキム・ギドクの意図は『今そこにある危機』なんだろうし、原発再稼働『STOP』なんだろうけど、そのリアリティの無さにバカバカしさすら感じはじめ、劇場では失笑どころか笑い声があがる場面も。焼き鳥だか焼とんだか知らないけど、森の中で串打ちしないでもよかろうよwww いやもう、日本人からしてみたらツッコミどころ満載だからね。『007は二度死ぬ』級。

これ、福島の原発じゃなくて、架空の国の事故にした方が正解だったんじゃないかな。 社会派じゃなくて、サイエンス・フィクションの方が素直にテーマが伝わったと思う。少々無理な状況もSFなら飲めちゃうしね。 福島の原発事故を「思い起こさせる」だけで充分だった。 オブラートに包まない劇薬は、どんなに効能があっても、最初から飲んでもらえないんだよ。

ただこの映画で評価すべき点は、原発ウンヌンよりも、思想の変遷(転向)の自然な流れ。 往々にして、擁護派が裏切られると過激な反対派になったりするもんです。往々にして過剰に心配していた人が許容したりするもんです。 そういう普遍的な、人間の深淵をきちんと描いてくれるのは面白かったんだけどね。 それ以外は、珍作だよなぁ、やっぱり。 ワカメは放射能に効くらしいし、ハゲにも効く最強食。

(17.05.21 新宿K's cinemaにて鑑賞)

(評価:★2)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。