コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 希望のかなた(2017/フィンランド)

まるでケン・ローチ。カウリスマキが鳴らす警鐘。
ペペロンチーノ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







前作に続いて難民問題。難民3部作の2作目という情報と、本作を最後に監督引退という情報が交錯している。

今回のカウリスマキは、はっきりと、力強く主張する。まるでケン・ローチ

これほどはっきりと「悪」を出してきたことは無かった気がする。 もはやコメディのオブラートは破れ、いつもの「寡黙さ」もどこへやら、こと難民に関わるシーンではカウリスマキ史上最大の「熱弁」をふるい始める。

和食、インド料理など様々な国の食文化が登場するが、一過性のコメディの向こうに「多様性」や「共存」という“希望”が透けて見える。饒舌だ。

夫婦の話は、別れても、またもう一度手を取り合うことができるという“希望”のメッセージだろう。

政治的なメッセージを発しないカウリスマキが変わったのか? 政治的なメッセージを抜きに「市井の人々」を描くことが困難になったのか? 正直、フィンランドの国情が分からない。 難民と、それを排除しようとする過激思想。それがどの程度深刻な問題なのか、皮膚感覚で分からない。

もはや世界は、カウリスマキが警鐘を鳴らすほど、深刻な闇に包まれているのかもしれない。

(17.12.10 渋谷ユーロスペースにて鑑賞)

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)ぽんしゅう[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。