コメンテータ
ランキング
HELP

さんのコメント: 投票数順

★2トレイシー・ローズの 美女とエイリアン(1988/米)トレイシー・ローズが看護婦で出てくるだけでいいのだ。[投票(3)]
★3北海ハイジャック(1980/英=米)ジェームズ・ボンド役者のロジャー・ムーアが、女嫌いで編物が趣味というスパイを演じる遊び心が楽しい。 [投票(3)]
★2恋はデジャ・ブ(1993/米)落ちがない。[投票(2)]
★4陽気な幽霊(1945/英)元妻と現妻、どちらかが性格良くて...というのならよくある話だが、これはどっちも性格悪い。おまけに主人公もひねくれている。そこがとても可笑しい。 [投票(2)]
★3サイコ(1998/米)オリジナルの4万ドルが40万ドルになっただけ、ほかはすべて同じというじつに面白いリメイク。ヒッチ登場シーンはどうなってるのか見直してみたいが、この監督がどんな顔なのか知らない。[投票(2)]
★2エントラップメント(1999/米)キャサリン・ゼタ・ジョーンズのくねくね、それだけ。[投票(2)]
★2ダブル・ジョパディー(1999/米=独=カナダ)ローマ・マフィアは、主人公にダブル・ジョパディーの存在を教えるためだけに登場。[投票(2)]
★2ゲッタウェイ(1994/米)勇気ある監督だ。[投票(2)]
★0追跡(1962/米)コロムビアのDVDで予告編を見た。面白そうなのに日本未発売のようなので期待こめてリクエスト。[投票(1)]
★3サーカスの世界(1964/米)バルセロナの港内で船が転覆するという驚きの展開。見せ場を作るためだったろうが、老朽船だったからという理由もすごい。ジョン・ウェインのワンマン映画だが、クラウディア・カルディナーレリタ・ヘイワースのボディタイツ姿を並べて見せるというアイディアはなかなかのもの。[投票(1)]
★3戦場のアリア(2005/仏=独=英=ルーマニア)ソプラノ歌手は不要な気がする。オペラ歌手らしくも見えないし。テノールは雰囲気あった。踏みつぶされるホーナーのハーモニカはずいぶん新しいモデルにみえて嘘っぽい。 [review][投票(1)]
★2スパイ・エンジェル グラマー美女軍団(1990/米)「匂いたつ 生身の女体が 濡れて暴れてみだれ撃ち」TXの予告はあいかわらず素敵。グラマー美女といえるのはシンシア・ブリムホールだけという気もするが。[投票(1)]
★4群盗荒野を裂く(1967/伊)吾輩の記憶の中ではマカロニ上位10本に入る作品。夏のTV放送は見逃したが半年もたたず再放送された(2005年12月)ので再見できた。カルラ・グラヴィーナは一応ちゃんとした役なのにクレジットされてないのも確認したが何故なんだろう。[投票(1)]
★3肉の蝋人形(1953/米)3Dでなくともそこそこ面白い。真ん中あたりの呼び込みのおじさんの芸が長々と続くのは立体映画だからだろう。恐怖の部屋で失神した女性がキャメラに向かって倒れ込んだりもする。[投票(1)]
★1マイラ(1970/米)レックス・リードとメイ・ウェストは別として、経歴から消してしまいたいと思っている俳優が多いんじゃないだろうか。特にトム・セレック、デビュー作としていつも引き合いに出されて、うんざりしてるだろうなあ。[投票(1)]
★4わが緑の大地(1971/米)[ネタバレ?(Y2:N0)] リチャード・ジャッケルが溺死するシーンは映画史上もっとも残酷な場面。ラストのヘンリー・フォンダの拳とともに、この映画を忘れがたいものとしている。 [投票(1)]
★2ワイルド・ギースII(1985/英)まったく資源の無駄遣い。[投票(1)]
★3蝿男の逆襲(1959/米)ヒット作の続編なのに低予算のようで、モノクロだしセットは使いまわし。しかし、単なるなぞりに終わっていないのは立派。これはこれで楽しめる。 [投票(1)]
★3イット・ケイム・フロム・アウター・スペース(1953/米)異星人を単純に侵略者と捉えていないSFとして有名らしいが、特筆すべきなのはやはり3-D映画としての出来の良さだろう。 もちろん、わたしはそれを見たわけではないが、高さや深さを強調した構図が効果的に使われていることから想像できる。一度は見てみたい。[投票(1)]
★3新・刑事コロンボ 復讐を抱いて眠れ(1998/米)たしかに、どうせ燃やしてしまうんだから、棺桶は段ボールで十分だ。皆も環境にやさしい葬式を心掛けよう。 [投票(1)]