コメンテータ
ランキング
HELP

きめこめさんのコメント: 点数順

★52001年宇宙の旅(1968/米=英)壮大なハッタリ。 [review][投票(42)]
★5甘い生活(1960/伊=仏)デカダンであるとは、行くあてを失ってしまったということなのか。 [review][投票(9)]
★5さらば、わが愛 覇王別姫(1993/香港)いっそ、劇的に。 [review][投票(8)]
★5惑星ソラリス(1972/露)亡霊との対話、だがそれは対話なのだろうか。 [review][投票(8)]
★5アンダルシアの犬(1928/仏)言葉に出来ないようで、どこまでも言葉に出来る。[投票(6)]
★5吸血鬼ノスフェラトゥ(1922/独)歪んだカタチが孕む、得体の知れない恐ろしさ。この世のどこにも存在しない、けれど銀幕の上に確固として存在し蠢き回る何モノかの影。[投票(5)]
★5七人の侍(1954/日)天正十五年。 血と骨と肉、弓と刀と火縄銃、百姓、野武士、七人の侍。 [review][投票(5)]
★5地獄の黙示録(1979/米)未だにこの映画の「同時代」を生き続けているのは、私達の不幸でしょうか。それは世界中で続いている。日本の片イナカにいるこの私の中でも。[投票(4)]
★5ミツバチのささやき(1972/スペイン)うつろいゆく光、地平に立ち、動く子供。昼の世界。またたく光、ささやく声。夜の世界。遠くから聴こえてくる音。魂は、暗闇から、無からうまれる。[投票(3)]
★5機動警察パトレイバー 劇場版(1989/日)悪意と嘲笑。 [review][投票(3)]
★5天空の城ラピュタ(1986/日)「機械がまだ機械の楽しさをもっていた時代。科学が必ずしも人間を不幸にするとは決まっていなかった頃。世界の主人公は人間だった。」[投票(2)]
★5千と千尋の神隠し(2001/日)ながれとよどみ。吐き出しきって、呑み尽す。ひっくり返る内部と外部。[投票(1)]
★5陽炎座(1981/日)まさしく、目眩めく映画。 [review][投票(1)]
★5ツィゴイネルワイゼン(1980/日)「なんでも腐り掛けがいちばん旨いんだよ」。黒い泥と辛い潮が滲むような悪い夢。退屈と不安と苛立ちと焦燥。[投票(1)]
★58 1/2(1963/伊)人生に退屈してしまってから、初めて人生がみえてくる。映画の闇の中、胚胎された死の上で束の間集う人間達。原点は人生の始まりの記憶。[投票(1)]
★5天使のたまご(1985/日)まるきり、私のセカイ。時計の針は本当に動き出すのだろうか。 [review][投票(1)]
★5決闘高田の馬場(1937/日)阪妻、伝説の韋駄天走り。日本人であることに感謝![投票(1)]
★4コンタクト(1997/米)宇宙の果ては、私の果て。 [review][投票(21)]
★4ゆきゆきて、神軍(1987/日)キャメラのまえで得意になって正義の(神の?)使徒を演じる男。その裂け目。 [review][投票(17)]
★4シュリ(1999/韓国)「映画はテロ」。筆舌に尽くし難い迫力。 [review][投票(11)]