コメンテータ
ランキング
HELP

ハイタカさんのコメント: 点数順

★3アイ・ラヴ・ユー(1999/日)良作。善意に充ちた、けれどそれに尽きぬていねいな映画。(ろう者のしぼりだされるような肉声に本当の声を聴いてしまったような気になってしまうのは、こちらが聴者だから?)[投票]
★3寄席の脚光(1950/伊)それでも紛う事無きフェリーニ映画。彼の手懸けたモノクロフィルムにはいつも影(死と孤独)が滲んでいる。寄席の脚光と、その影。[投票]
★3青春群像(1953/伊)乳離れできないでいる子牛たち。甘ったるい。嵐の到来、夜通しの乱痴気騒ぎ、明くる朝の倦怠。〔3.5〕[投票]
★3語るべきか、あるいは語らざるべきか(1970/ベルギー)素朴で率直な言葉が世界を席捲、変容させる。だがその言葉もやがて別種のスローガンに摩り替えられ、堕していかざるを得ない。故に「語るべきか、語らざるべきか」。[投票]
★3デカローグ(1988/ポーランド)私は、「ある父と娘」、「ある告白」に関する物語に引き込まれた。[投票]
★3素肌の涙(1999/英)原題:交戦地帯。世界の最果て、せめぎあう家族。姉と弟。 [review][投票]
★3闇・光・闇(1989/チェコスロバキア)土くれに過ぎないニンゲンは闇から生まれ闇へとかえる。[投票]
★3KIDS/キッズ(1995/米)ボケ! それで終わりかい! [review][投票]
★3大閲兵(1986/中国)「九十六歩のための一万歩」。 国は違えど青春の思いは変わらない。〔3.5〕[投票]
★3DOOR III(1996/日)ニンゲンがバケモノへと歪んでいく、まさにその一瞬。感動的なまでに怖い。 [review][投票]
★3GONIN2(1996/日)唸る御手製日本刀! 破綻してるけど、すき。[投票]
★3ドラゴンハート(1996/米)人間的な、あまりに人間的なドラゴンのモーション。けれどこれだけアクティブなドラゴンもそれまでいなかったので、よしとしましょう。 [review][投票]
★3裸足のピクニック(1993/日)被虐的な星のもとにあるヒロイン芹沢砂織嬢の虚ろな顔には、何故か妙なエロスが。[投票]
★3マウス・オブ・マッドネス(1994/米)洗脳の恐怖を感じる映画。クトゥルフの呼び声…。[投票]
★3悪魔の手毬唄(1977/日)声を震わす、岸恵子。〔3.5〕[投票]
★3ファンタジア2000(1999/米)私の好みは、鯨の跳躍する「ローマの松」、緑の精が飛びまわる「火の鳥」。[投票]
★3ライフ・イズ・スイート(1990/英)ダメな日常を送っているひとには、少しだけ優しい映画。[投票]
★3ショート・カッツ(1993/米)行くあての無い群像劇、そして機械仕掛けの神罰。 けれども世の中は何も揺るがない、終わらない。[投票]
★3水の中の八月(1997/日)10、9、8、7、6、5、4、3、2、1・・。夏の昼下がりにでも観たい、Hi-Visionによる透明な青春映像編。[投票]
★3爆音(1939/日)村長の息子が村献納のゼロ戦で凱旋飛行、それに右往左往する村民達のコメディ。爆音重く飛来するゼロ戦が圧巻。〔3.5〕[投票]