コメンテータ
ランキング
HELP

相米慎二の映画ファンのコメント

光る女(1987/日) 風花(2000/日) あ、春(1998/日) 台風クラブ(1984/日) お引越し(1993/日) ラブホテル(1985/日) ポッキー坂恋物語 かわいいひと(1998/日) 夏の庭 The Friends(1994/日) セーラー服と機関銃(1981/日) 空がこんなに青いわけがない(1993/日) 翔んだカップル(1980/日) 雪の断章 情熱(1985/日) ションベン・ライダー(1983/日) 魚影の群れ(1983/日) 東京上空いらっしゃいませ(1990/日)が好きな人ファンを表示する

愛の亡霊(1978/日=仏)************

★4大島渚の最良作の一つ。まずは宮島義勇の光の扱いを誉めるべきだろう。雪と紅葉の美しさも素晴らしいが矢張り屋内のローキーと井戸の底から仰角で撮られた画面が忘れがたい。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★3亡霊の見せ方は良い。見事な煙幕と照明。しかしカメラが被写体に寄れば寄るほど、映画の流れが滞っていく。傑出したロングショットが幾度も出てくるので惜しいと感じる。絶頂期武満のサントラは満点。 (赤い戦車)[投票]
★4愛という亡霊にとり憑かれた男と女。男に見えるのは女だけ。やがて女には何も見えなくなった。(藤竜也の少し頭の弱い弟役でおすぎが出てました) (ぽんしゅう)[投票(3)]
★5処女作から『コリーダ』まで、ひたすら怒り続け作品に政治的、社会的メッセージをこめずにおれなかった大島が描いた田村高廣の予想外にどこまでも優しい幽霊に或る種の悟りを感じ感銘する。撮影は文句無く宮島の晩年の代表作。 (けにろん)[投票(4)]
★5このカメラは確かに見事!コリーダの続編ではありません。 [review] (chokobo)[投票]