コメンテータ
ランキング
HELP

相米慎二の映画ファンのコメント

光る女(1987/日) 風花(2000/日) あ、春(1998/日) 台風クラブ(1984/日) お引越し(1993/日) ラブホテル(1985/日) ポッキー坂恋物語 かわいいひと(1998/日) 夏の庭 The Friends(1994/日) セーラー服と機関銃(1981/日) 空がこんなに青いわけがない(1993/日) 翔んだカップル(1980/日) 雪の断章 情熱(1985/日) ションベン・ライダー(1983/日) 魚影の群れ(1983/日) 東京上空いらっしゃいませ(1990/日)が好きな人ファンを表示する

あ、春(1998/日)************

★5愛すべき嘘つき野郎の映画。相米慎二の死が、本当は全くの嘘っぱちで、それこそ山崎努が演じた親父のように突然フラッと帰ってきてくれたら…。本作を観ながら、そんなことをふと考えた。 [review] (ナム太郎)[投票(2)]
★5まずこれは、とてつもなく気持ちのいい映画だ。決して幸福感溢れる筋立てではないし、いや逆に厳しい現実に揺さぶられる人達ばかりが描かれているのだが、映画の画面の心地よさはプロット展開とは全く無関係である、という当たり前と云えば当たり前のことが証明されている。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★4どの場面にも映画の呼吸が根付いていて心地よい。そして、本作にも桜の姿が。相米慎二にとって桜は生命の象徴だったのか。 (赤い戦車)[投票]
★4男と女の死生に対する生理的な距離感。そのズレが一瞬かいま見えるのが“春”。図式的な構成や暗喩は、良くも悪くも中島丈博の脚本。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4父子の邂逅の物語が枝葉の部分が立ってラストに至り父と女達との物語にすり替わってしまう構造が不均衡とも思えぬほどに役者たちの充実度が目を見張る。委ねる境地に至った相米の懐で形成された山崎富司藤村のトライアングル。至宝だ。 (けにろん)[投票]
★3素晴らしく象徴的な映画で、中身も悪くないけど、これを芸術とは言わない。日常生活の映画だからしょうがないのかな。 (chokobo)[投票(1)]