コメンテータ
ランキング
HELP

チェイセン・ハーモンの映画ファンのコメント

パターソン(2016/米)が好きな人ファンを表示する

さよなら、人類(2014/スウェーデン=ノルウェー=仏=独)************

★5狙ってスベるカウリスマキチック手法と美術や世界へ拘泥するタチ文体が一見嫌らしいのだが、ミニマム世界の下世話なコント集が何時しか国王の挿話あたりから時空を超えた挙句に計り知れない終末地獄を垣間見せるあたりの喰えないペシミズムが孤高だ。 (けにろん)[投票(2)]
★5大好きなアンダーソン作品。今回は結構しっかり長編してる。3部作の最後だというから力が入っている感がする。相変わらず楽しく、シュールで、哀しく、人生って愛らしく思えるほど。 [review] (セント)[投票]
★4喜怒哀楽を増幅し、心に潜む不安や、社会のひずみを描くのが劇映画の常套手段だとしたら、ロイ・アンダーソンは喜怒哀楽を封印することで、その閉鎖された劇空間のなかに、人の愚かさ世の哀しみを、「起こり得るナンセンス」と共振させて増幅してみせる。 [review] (ぽんしゅう)[投票]
★3どうしても「今日、人類が初めて木星に着いたよ(着いたー!)」な邦題だが、いまいちノレませんでした。 [review] (プロキオン14)[投票]
★3総括した「人間論」という大上段振りかぶりは俺の好むところではないのだが、コント映画としての大袈裟さに徹したバカ設定は結構買える。わがままに徹する国王の途切れない隊列とか、いちいち代価の代わりにキスを求める酒場の女将なんかは出色だ。日本人が撮ったならコントのお約束でミニマムに治めようとするだろう場面を、馬鹿正直に人海戦術で撮ってゆく姿勢は賞賛に値するだろう。 (水那岐)[投票(1)]
★2テリー・ギリアムのアニメからブラックユーモアをろ過して哀愁で水増ししたような作品。退屈した。「哀しい歌がやめられない」が出色だがどこかで観たような話だ。 (寒山)[投票]