コメンテータ
ランキング
HELP

トム・ギアリーの映画ファンのコメント

強制尋問(2004/米) U−571(2000/米) サンドロット 僕らがいた夏(1993/米) ガールズ・ルール! 100%おんなのこ主義(1998/米=伊=カナダ) タイガーランド(2000/米) 名犬ラッシー(1995/米) 女と男の観覧車(2017/米) 楽園をください(1999/米) ミスティック・リバー(2003/米) ブラックホーク・ダウン(2001/米)が好きな人ファンを表示する

ミリオンダラー・ベイビー(2004/米)************

★5イーストウッド映画の登場人物は、罪な過去を背負っていたり、罪なことをしようとしたりする。彼は、状況によってはとんでもない罪を犯してしまう存在であるという人間の本質に激しく挑みかかる。それは「原罪」などという生易しいものではありえない。 [review] (ハム)[投票(1)]
★5ミスティック・リバー』も素晴らしかった。だが、わずか1年後に生れたこの作品は人間存在そのものまで追求する深いテーマ性を持ち、もはや前作を凌ぐ傑作と言えるかもしれない。主演、監督、音楽、どれをとってもイーストウッド様様!! (2005.6.2.) [review] (Keita)[投票(6)]
★4ヒラリー、マッチョ。オレ負けそう (たろ)[投票]
★130才も過ぎたおっさんが映画に求めるものはね… [review] (billy-ze-kick)[投票]
★4知性派が寄ってたかっていい物語作りやがって。 (kenichi)[投票]
★4筋の通俗的類型性を指摘したところで少しもこの映画を論じたことにならない。小揺るぎもしない安定性が最初から最後まで貫かれるという驚くべき事態が実現されている。特筆点は音楽の使い方。そして何よりモーガン・フリーマン! [review] (ジェリー)[投票(2)]
★5好きな映画だから三度、四度と見直すと、弱い部分も見えてくる。この作品が傑作たり得たのは、脇役が不在だからだ。 [review] (shiono)[投票(1)]