コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

スター・ウォーズ 最後のジェダイ(2017/米)************

★3「有る」という以外この映画、コメントのしようもなくなった。キャラの創出と清算に関するためのなさはシリーズ通じて相変わらずだ。 (ジェリー)[投票(2)]
★3ルークの乳首攻め&目隠しプレイ。どこへ行くんだこのシリーズは。 (黒魔羅)[投票]
★3古いものにとらわれるのはよくない!というのはわかるよ? [review] (tredair)[投票(1)]
★4従来のファンの方々からすると賛否両論のようだが、シリーズをかじる程度に観てる私としては中々の娯楽作。アジア人を観てグラントリノを思い出し、フィンを見てデンゼルワシントンを浮かべ、カイロレンはハビエルバルデム、ポーは若きアルパチーノみたいで、そんな意味でも楽しめた笑。88/100 (たろ)[投票]
★3楽しい映画ながらどんくさい部分も多く、眼高手低の誹りは免れまい。好きな場面も少なからずあるんだけどな。 [review] (ペンクロフ)[投票(3)]
★4これは、すごいですなあ。いつの間にか、主役がくるくる変わっとります。結局主役は誰だったか! [review] (セント)[投票(4)]
★3宇宙空間での艦隊戦は概ね見応えあり、スノークの間での赤備えの親衛隊や、メタリックのキャプテン・ファズマ、塩の惑星で圧力がかかると白い大地が赤く変色するあたりの画づくりは鮮やかで印象的。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★4ブレる世界観。ニュージュネレーションのスターウォーズはどこに向かう? [review] (おーい粗茶)[投票(11)]
★5シリーズ基底の善悪論を葬り時代の変転による旧システムへの決別を謳う。世代は交代しジェダイは消えゆくしかない。3局カットバックによる熾烈な収斂こそ佳境。戦闘シーンはCG過剰の過渡期を経て単線構造に回帰。2人の主役のキャリアアップも物語を担保。 (けにろん)[投票(4)]