コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

時計じかけのオレンジ(1971/英)************

★4本当は5点をつけてもいい(つけるべき)映画なんだけど、吐き気がした分−1点 (ペペロンチーノ)[投票]
★5マクダウエルのその後の出演作が、ほとんど、マッドな役柄なのは、この作品の影響が大きいんでしょうなぁ・・。 (JEDI)[投票]
★4衝撃。で、何度も見かえしてるうちに衝撃に慣れてくる。そして見えてくるのは、キューブリックの周到な映画作り。 (くたー)[投票(2)]
★5天才の狙いは、未来への核抑止力ならぬ映画抑止力。随分、予言が当たっている部分があるが、人類は、この映画をコピーするのが、こっぱずかしくて、未来の退廃の進行度が少し納まった、気がする。世界に広げようレインボウ・カラーのトレランス(寛容)の輪! [review] (いくけん)[投票(19)]
★5ウェンディ・カーロスの「スイッチト・オン・ベートーベン」。電子化されたベートーベンのいかがわしさがたまらん。 (tomcot)[投票]
★4皮肉たっぷりの映画。考えてみるとキューブリックは皮肉の天才である。 (ジェリー)[投票]
★4「室内」あるいは「不自由」の映画。 [review] (3819695)[投票(2)]
★5悪魔に魅入られた映画。「雨に唄えば」が、「第九」が、悪魔によって料理される。 [review] (モモ★ラッチ)[投票(2)]
★4確か高校生の頃に観た。暴力と性の描写にショックを受けた。それと、「ハラショー」というロシア語を覚えた。 (丹下左膳)[投票]
★5「次元が違う」という言葉はこの映画のためだけにある。 (ドド)[投票(11)]
★5モチベーションが高くないと、こういう映画はまともに作れません。キューブリックの未来予知感覚には驚かされます。 (chokobo)[投票(2)]
★3あの白い亀頭の置物が欲しいっす。発見された方はご一報下さい。 (黒魔羅)[投票(2)]
★3誰に同情することも、誰を好きになることも、誰に感情移入することも許さない映画 [review] (パッチ)[投票(4)]
★5今だからこそ、醜悪さを暴いた衝撃な作品と感じる。未成年のブラックニュースと、どうしても比較出来てしまうのが悲しい。殺人=ゲーム。映画世界の認識上で高得点を付ける事に・・・。 (かっきー)[投票(2)]
★4きっと深い意味など無くハッタリばかりの映画なのだろうと思うが、そのハッタリが途轍もなく面白いから困る。音楽の使い方は見事。 (赤い戦車)[投票]
★3この映画のどこがそれほど評価されているのか、全く理解できない。 [review] (青山実花)[投票(1)]
★5「昔作られたSF映画」と思ったら・・・・スタンリー・キューブリックの溢れる才気と狂気に圧倒された。全編に渡って衝撃的な映画なんて自分にとってはこれが最初で最後かもしれない。 (ADRENALINE of Adrenaline Queen)[投票(1)]
★5久しぶりにHuluで再見。ワイド版が問題とは感じなかった。「一発いきますか?手足は押さえておきますから」ウルトラヴァイオレンス近未来SFコメディ。もちろんコメディなので、ジャンル表記にもちゃんと追加しておいて欲しい! [review] (ぐるぐる)[投票]
★5主人公達の悪行・非道を楽しむ自分。暴かれる内なる暴力への欲求。そういう事。92/100 (たろ)[投票]
★4なにも難しく考えなくてもいいんだ。廃講堂での大乱闘で、フライングボディアタックで飛んできた奴をイスで迎撃したら、イスがバラバラになった! この映画面白すぎる! (ペンクロフ)[投票(9)]
★5何度見ても新鮮。どんな所からでも現代的意味を取り入れることが出来る。自分の精神的嗜好、思想をいつでもあらゆる角度から彷彿できる。キューブリックの絶頂作であると共に、現代にまで影響を及ぼすという意味でも映画史上の最重要作。 (セント)[投票(2)]
★5It_was_twenty_years_ago. [review] (ユージ)[投票]
★5暴力の本質とは何かを考えさせられる。 (Ribot)[投票]
★3スタンリー・キューブリックの特徴 [review] (RED DANCER)[投票]
★5狂喜とは芸術だと悟ったり!(ん、錯覚?) (あき♪)[投票(1)]
★5私は「娯楽作品」だと思ってます。じゃないと、コワすぎ。。。 (緑雨)[投票(5)]
★4性格は、変えられるか?変わることがいいことか?極端な主人公を通して自分であることの意味を問いかける作品。 (スパルタのキツネ)[投票(4)]
★5キューブリック版「新約聖書」。 [review] (おーい粗茶)[投票(37)]
★4極めて男向けの反社会性の強い映画。これが好きな女性っているのか? (なぜそういうかというとやはりレトリックでない性蔑視が根底にあるからです) (死ぬまでシネマ)[投票]
★2勿体ぶって終始虚仮威しをカマしてるが実はハッタリばっかりであったという脳内構成映画。舞踏めいた殺陣の胡散臭さと超広角レンズにコマ落としの映像幼児性はアナーキズムの敗北を戯画化するだけ。そこには、真に撃つべき対象への畏怖が欠落しているのだ。 (けにろん)[投票(1)]