コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

目撃(1997/米)************

★4良質のサスペンス。イーストウッドの作品は毎度オープニングの運び方が上手い。派手な演出・音楽もないそれがかえって新鮮。 (斎藤勘解由)[投票]
★5満点をつけている人は少ないんだけれど私はこういう完全では無くとも己の撮りたいものを撮ったものが大好きでそういったものを観ると自然と満点が出る。 [review] (t3b)[投票(2)]
★4このような他愛もない題材を問答無用の傑作に仕上げてしまうのがイーストウッドじゃなかったのか、という多少の失望は覚えざるをえないものの、陰ながら娘を想うイーストウッドの様には不覚にも目頭を熱くしてしまった。 [review] (3819695)[投票(1)]
★4俳優イーストウッドも生命が長いね。ちなみに、この映画でローラ・リニーを知りました。 (丹下左膳)[投票]
★3"Absolute Power"を持った敵の割にやり口がみみっちい。あっさりしたラストも盛り上がりに欠ける。 大体イーストウッドの変装は一発で分かるぞ(笑)。デイビッド・パーマーとシェリー・パーマーが出ていて驚き。 (パピヨン)[投票(1)]
★3金も良いキャラも使ってるんだから、それをうまく活かして欲しかったです。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3クリント・イーストウッドはよほどジーン・ハックマンが憎いのか? [review] (chokobo)[投票]
★3この内容なら90分で勝負して欲しかった。最近のクリント・イーストウッド監督作品って、2時間超のものばっかり。 (黒魔羅)[投票(1)]
★2TV演説を見て、「おやっ?」 自国の大統領の顔にもなかなか気付かないイーストウッド。ボケすぎだよ、爺様。 (青二才)[投票(2)]
★4いいや、私も目撃した。イースドウッドが元気爺で健在だというのを。それに反してイーストウッドがセックスを見る側に回ったのを。その矛盾の矛先が格好いいが絵が下手といえば下手な父親に向かったのを。イーストウッドの皺がセクシーに見えるといった嬉しい錯覚が生じた良い映画でした。マジで。 [review] (ジャイアント白田)[投票]
★4世の中過激になっている・・・近未来現実しそうで恐い。でも、事実化したらその裏で笑っていそうな政治家連中を考えると心が痛い。政治討論中継にもっと耳を傾け、ブラックリストにメモしておこう。あぁ、自分が一番危ないかも・・・。 (かっきー)[投票]
★4ご都合主義を責めるならそもそもイーストウッドの尋常でない神出鬼没っぷりから糾弾せねばならんだろう。分かっててやってるとしか思えん。あまりにも見事な「目撃」シーン(暗視ゴーグルの視点がまた良いのだ)、二人の狙撃者と警察などが一堂に会し視線を交錯させる、緊迫感溢れる会見場面。或いはエド・ハリススコット・グレン、偽造旅券制作業の女など各々のキャラクタの立たせ方。私には充分楽しめた。 (赤い戦車)[投票]
★3出だしは好調だったけど、あまりにも穴のある脚本。シークェンスの時間配分ミスとしか考えられない。サスペンスも不足。 [review] (トシ)[投票]
★3予定調和って感じがするけど、出てくる役者が渋いオーラ発していて楽しめた (ADRENALINE of Adrenaline Queen)[投票]
★3結構普通だったなぁ。目撃ってワリに見たのはあまり刺激的では無かったと思う。 (あき♪)[投票]
★4男の生き様。 (青木富夫)[投票]
★3前半の"目撃"シークェンスにおけるサスペンス演出は秀逸。シチュエーション設定が抜群にいいし、 [review] (緑雨)[投票(2)]
★3主人公が終始アドバンテージをとっているようでハラハラしない。窮地に立たされているのが敵役の方というのが変だ。 [review] (おーい粗茶)[投票(3)]
★2鼻眼鏡の老境演技がわざとらしいイーストウッドのキャラクターに辟易するのだが、一応、盗視場面は彼の変態底流が滲み出て見所ではある。しかし、芸の無い脚本を単に通り一遍に撮っただけ的な演出は凡庸そのものだ。無駄に渋い男優陣も使い切れてない。 (けにろん)[投票]