コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

勝手にしやがれ(1959/仏)************

★2時折襲われる「もしかして今ゴダール観たら面白いんじゃないか病」をいいかげん治癒しないといけない。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★5いまだに、ポストカードとか、人気ありますね。 (JEDI)[投票]
★5新聞を売るジーン・セバーグが忘れられません。 (動物園のクマ)[投票]
★5真面目なばかりの映画に嫌気がさしてふざけてみたら、真面目な映画が全部吹き飛んでしまった。その小気味よさは今も有効。 (tomcot)[投票]
★5ベルモンドの歩き方、しゃべり方、煙草の吸い方・・私が男だったらぜーんぶ真似する!でもたまたま女だったので、セバーグの方になることに決めた!・・・のは、あれは・・ふっ・・(遠い目) [review] (イライザー7)[投票(5)]
★5映画史的にいまだに事件であり続けている数少ない作品の一本。この方法論が決して主流にはならないという意味で永遠の革新性をもち続けるだろう。どんでんを排したぶった切ったような編集と、主人公の行動や考え方が、リリカルに共振する美しさを評価すべきと思う。 (ジェリー)[投票(2)]
★5(仮コメント)この映画をけなしている(と言うより絶賛していない)コメントを読むと無茶苦茶反論したくなる自分が怖い。またあらためて・・・。 (minoru)[投票]
★3この映画、日本語題名の通り監督が「勝手にしやが」ってる自己満足的映画のような気が… [review] (モモ★ラッチ)[投票(2)]
★4ジーン・セバーグの短髪と動き回るクタールのカメラが魅力。 (丹下左膳)[投票]
★5「気狂いピエロ」より好き。理由は分からん。 (ドド)[投票]
★4…レビュー書いてる内に評価がどんどん上がっていきました。こんな事があるから映画批評は楽しいもんです。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4今思うと退屈な映画ですね。 [review] (chokobo)[投票]
★2何だかよく分からんが、何度も登場するピアノの音楽が印象的だった。 (黒魔羅)[投票]
★3ブチブチ切れる編集がこんなにも心地よいとは! 映画史上に残る最高にダサい結末。 ゴダールのファンに怒られるかもしれないが、このB級映画魂はタランティーノに通じる。 [review] (青二才)[投票(2)]
★4勝手にしていて良いと思う。 (かっきー)[投票]
★4ヌーヴェルヴァーグというのはそもそも肩肘張って観るような映画ではない。「映画史を変えた!」などという触れ込みを念頭において観るから面倒くさいことになる。可愛らしい「すれ違い」の映画。 [review] (赤い戦車)[投票(3)]
★5基本は大切にしておきたい。 [review] (tredair)[投票(20)]
★4昔のパリに行きたかった。あの頃は禁煙などという言葉は存在しなかったんだろう。ベルモンドとセバーグの品の良さがどうしても出てしまっている。警察の対応は笑える。 (トシ)[投票]
★32人してタバコをブン投げすぎだよ。64/100 (たろ)[投票(1)]
★1机上の映画 [review] (ペンクロフ)[投票(6)]
★420年ぶりに見て、映像の素晴らしさに驚く。セリフは割といい加減だったんだなあ。ゴダールはラストで無理やり愛の映画にしちゃったんですね。それが当時は分からなかった。 (セント)[投票]
★5この映画のベルモンドは奇跡的なカッコよさだ! ファッションからタバコの吸い方まで本気で真似た! (frank bullitt)[投票(1)]
★5何の目的意識もないけれど、素晴らしい「点」がそこらじゅうに点在している。ベルモンドセバーグの掛け合いは奇跡のよう! 魅力的なシーンや台詞が詰まってるので、ただ何気なく部屋で流しておきたいです。(2010.12.04.) [review] (Keita)[投票]
★3セバーグのファッションだけみてたら、半世紀近く前の映画だなんて信じられないよ。 (緑雨)[投票]
★4フランスの奴らはこういう感じで表現しやがるか。羨ましくもあり,妬ましくもあり。ドラゴン・スクリューさん・mirrorさんも言ってる通り,勝手にしやがれ!といわせる上手い題名。 (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★3手持ちノーライトカメラに時間軸無視の繋ぎや既成曲の断片使用に数多の引用など全てはここから始まった起源的価値を剥ぎ取り残るのは青臭い男女の痴話。先駆者は常に陳腐化するの例えから逃れられてるのは結局ベルモンドセバーグの魅力があるから。 (けにろん)[投票(2)]
★3ほぉ、これが代表作なら、ヌーベルバーグの良さってのはオシャレ度とアホっぽさなんだね。 (へなちょこ)[投票(4)]
★5パトリシアを主人公として、私は観ましたよ。そうじゃないとチンピラの言動には、全くついていけませんので。 [review] (よちゃく)[投票]